ニュース
» 2020年11月17日 08時00分 公開

医療現場や飲食店などでの感染リスクを下げる:振動素子とノイズ除去技術で「窓越しでもスムーズな会話」が可能に NTTドコモとNTTテクノクロス

NTTドコモとNTTテクノクロスは自動車や建物の窓越しでも、窓がないかのように会話ができる「ウインドウスルー会話装置」を販売すると発表した。受話器型機器に内蔵した振動素子が窓を振動させて、窓越しの相手に声を伝える。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTTドコモとNTTテクノクロスは2020年11月16日、自動車などの窓ガラス越しで会話を可能にする「ウインドウスルー会話装置」を販売すると発表した。販売開始は同年11月24日の予定。

 ウインドウスルー会話装置を使えば、自動車や建物の窓越しでも窓がないかのように会話ができる。医療現場や飲食店などで互いに隔離された環境でのコミュニケーションを可能にし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスクを抑えられる。

画像 ウインドウスルー会話装置の動作イメージ(出典:NTTドコモ

相手側は「機器が押し当てられたガラス」に話しかけるだけ

 窓を完全に閉めた状態での会話は、音声が減衰するため聞き取りづらくなる。ウインドウスルー会話装置に付いている受話器型の機器を窓に押し当てると、機器に内蔵した振動素子が窓を振動させ、声を相手に伝えることができる。相手側の音声は、機器に接続したマイクで集音してイアホンで聞く。マイクとスピーカーを使った会話は、エコーやハウリングなどが会話の妨げになることがあるが、ウインドウスルー会話装置は「エコーキャンセラ技術」によって相手の音声のみを通すようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。