連載
» 2020年11月18日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(71):ワーケーションしたらクリエイティブになれるの? (2/3)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

クリエイティブなアイデアが生まれた例

 ここで、私の体験談をお話しします。

 私は2017年から、地元の新潟を軸に、東京のIT企業サイボウズで複業を始めました。週2日、テレワーク。月1回新潟と東京を行ったり来たりする働き方です。

 複業を初めて1カ月ほどしたときのことです。こんなことに気が付きました。

 「ボクは、新潟を軸に東京のサイボウズで複業をしているけれど、もし、この逆ができたら――つまり、地方の企業に、都市部のビジネスパーソンが複業できたら、人材不足に悩む地方の企業にとっても役立つはずだし、地方出身者や、地方に関心のある人にとっても、仕事を通じて行き来できるようになるからいいのではないか」

 この「地方で複業」というアイデアに、当時は否定的な意見もありましたが、3年後の今、幾つかの自治体では「地方で複業」の取り組みが始まっています。私も地元新潟でワーケーションの事業開発をしながら、「地方で複業」の取り組みを始めています。

 こういったアイデアは、オフィスのPCの前でウンウンうなりながら「クリエイティブなアイデアを考えよう!」と意気込んでも、「イノベーティブなアイデア、降ってこい!」と祈っても、決して生まれなかったのではないかと思います。

 一方で、ただ働く環境を変えるだけでは、アイデアは浮かんではこなかったでしょう。

 では、どのようにすれば、クリエイティブなアイデアは得られるのでしょうか。

価値観の揺らぎ──クリエイティブになるために必要なこと

 私は、クリエイティブなアイデアが浮かぶためには、「ある条件」が必要なのではないかと思います。

 ある条件とは、「価値観の揺らぎ」を作ることです。価値観の揺らぎとは、日常とは異なる環境(つまり、非日常)の中に身を置いたときに生まれる「価値観のギャップ」のこと。

 社外の勉強会に参加したことがある人は、「あれ? うちの会社では○○が普通だと思っていたけれど、他の会社は違うんだ」「ボクの常識では○○だけど、他の人は違うのか」といった「ギャップ」を感じたことはあるのではないでしょうか?

 あるいは、高校や大学の同級生と久しぶりに会って話をして、「うちの会社とは全然違うなぁ」と思ったことがあると思います。これが、「価値観の揺らぎ」です。

 このような価値観の揺らぎは日常的に起こっています。普段はさほど気にすることはありませんが、多くの人が経験しているはず。この価値観の揺らぎこそがクリエイティビティであり、アイデアの源泉です。

 揺らぎが大きければ大きいほど、そこに「気付き」が起きるし、「発見」が生じます。また、異なる価値観の人と話すと、「そうか、○○では□□が大切なのか。これは、自分の仕事でも生かせそうだな」といった「学び」が起きることもあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。