ニュース
» 2020年11月18日 14時30分 公開

SSL/TLS証明書の有効期限短縮も後押し:手作業によるデジタル証明書管理は限界? エントラスト、世界17カ国のPKI動向を調査

エントラストは2020年11月11日、「2020年版世界のPKI(公開鍵基盤)およびIoT動向調査(2020 Global PKI and IoT Trends Study)」を公開した。

[松林沙来,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 エントラストは2020年11月11日、「2020年版世界のPKI(公開鍵基盤)およびIoT動向調査(2020 Global PKI and IoT Trends Study)」を公開した。同調査は2020年1月に日本を含む世界17カ国のITとITセキュリティの担当者約2000人を対象に、同社が米調査会社のPonemon Instituteに委託し実施した。2015年から毎年同様の調査を実施しているという。

エントラスト ジロウ・シンドウ氏

 調査結果の公開に当たって開催されたオンライン記者発表会では、同社デジタル・セキュリティ・ソリューションズ マーケティングダイレクターのジロウ・シンドウ氏が詳細を解説した。シンドウ氏はPKIの黎明(れいめい)期である1990年代初期からPKIに携わってきたという。同氏は「当時のPKIの活用は非常にシンプルで、Webサーバをセキュアにすることを目的にした機構だった」と当時を振り返った。

 シンドウ氏が最初に紹介したのは、PKIを活用しているアプリケーションの種類だ。2020年の調査では、SSL/TLS(84%)、パブリッククラウドベースのアプリケーション(82%)、エンタープライズのユーザー認証(70%)、VPN(60%)、電子メール(51%)の順に利用が進んでいる。2019年の調査結果と比較すると、パブリッククラウドベースのアプリケーションは27ポイント、エンタープライズのユーザー認証は19ポイント増加した。VPNは9ポイント、電子メールは3ポイント減少したが、シンドウ氏は「リモートワークの実施が増えているので、VPNや電子メールでPKIを活用するアプリケーションはおそらくもっと増えていくのではないか」と分析している。

PKIを活用しているアプリケーション上位5種。2020年と2019年の比較(出典:エントラスト)

 「特に興味深いのは、パブリッククラウドベースのアプリケーションとエンタープライズユーザー認証の2つで飛躍的に活用が伸びていること。クラウドベースアプリケーションを使う、あるいはユーザーのクレデンシャル(資格情報)を認証するためにはPKIが不可欠であると示唆している」(シンドウ氏)

急増する証明書――SSL/TLS証明書の有効期限短縮も後押し

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。