ニュース
» 2020年11月20日 08時00分 公開

「マルウェアの拡大を助長する可能性がある」:「パスワード別送」見直しが進む? freeeは2020年12月1日からパスワード付きファイルのメール受信を廃止

freeeは、原則として電子メールによるパスワード付きファイルの受信を廃止する。2020年12月1日以降、freeeは「パスワード付きファイルが添付されたメール」を受信した場合にメールサーバで添付ファイルを自動的に削除する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 freeeは2020年11月18日、「原則として電子メールによるパスワード付きファイルの受信を廃止する」と発表した。同年12月1日以降、freeeが受信した「パスワード付きファイルが添付されたメール」の添付ファイルは自動的に削除される。

画像 自動的に添付ファイルが削除され、それを通知する文言が本文の後に付加される(出典:freee

「パスワード付きzipファイルはセキュリティリスクを増大させる」

 freeeは「パスワード付きファイルはメール受信時のマルウェア検査をすり抜けることがあるため、パスワードなしのファイルと比べて社内のセキュリティリスクを増大させる。『Emotet』マルウェアが広まっていることも電子メールの添付ファイルにパスワードを付ける運用が助長している可能性がある」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。