ニュース
» 2020年11月24日 08時00分 公開

多くの機能強化を実現:「Visual Studio Code」の「October 2020」リリース(バージョン1.51)が公開

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「October 2020」リリース(バージョン1.51)を公開した。ワークベンチ、統合ターミナル、IntelliSense、Emmet、ソース管理、言語、ブラウザサポートなどの機能を強化した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年11月6日(米国時間)、WindowsやLinux、macOSに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「October 2020」リリース(バージョン1.51)を公開した。

 VS Codeバージョン1.51では、ワークベンチ、統合ターミナル、IntelliSense、Emmet、ソース管理、言語、ブラウザサポート、拡張機能などの機能が追加、改善された。

ワークベンチ

固定されたタブの視認性が向上

 固定されたタブがピンアイコンを表示するようになり(非アクティブの場合も)、見つけやすくなった。固定されたタブに未保存の変更が含まれる場合、それを示す黒丸もタブに表示される。

非アクティブの固定されたタブがピンアイコンと黒丸を表示(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

拡張機能ツリーでカスタムホバーが利用可能に

 拡張機能ツリービューでネイティブツールチップではなく、クロスプラットフォームで一貫性があり、全体的なUX(ユーザーエクスペリエンス)に合ったカスタムホバーが表示されるようになった。

カスタムツリーホバー(出典:Microsoft)

拡張機能を同期なしでインストール

 設定の同期が有効化されている場合に、拡張機能を同期せずにインストールできるようになった。

拡張機能を同期なしでインストール(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

エクスプローラから拡張機能をインストール

 エクスプローラで拡張機能のVSIXファイルを右クリックし、コンテキストメニューを使って、拡張機能をインストールできるようになった。

入力からフォーカスを削除

 新しい内部コマンド「workbench.action.blur」が使用可能になった。このコマンドは、あらゆるフォーカス可能な入力からフォーカスを削除する。キーボードショートカット設定で、このコマンドにキーボードショートカットを割り当てることができる。

統合ターミナル

ローカルエコー

 ターミナルに「ローカルエコー」モードが導入された。これによってターミナルは、ローカルで変更やカーソル移動が行われると、リモートサーバとのやりとりを待つことなく、それらの変更や移動を予測してUIで表示するようになった。デフォルトでは、予測された文字は暗く表示される。

 ローカルエコーは、次の2つの設定を使って構成される。

  • terminal.integrated.localEchoLatencyThreshold:ローカルエコーは、この設定で指定されたしきい値(ミリ秒)を超えたネットワーク遅延が検出されると、アクティベートされる。デフォルトは30
  • terminal.integrated.localEchoStyle:ローカル文字のスタイルや色を指定する。デフォルトはdim

IntelliSense

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。