ニュース
» 2020年11月24日 08時00分 公開

ドローンを移動させながら高精細な映像を送信できる:警備分野でのローカル5G活用効果を測定 綜合警備保障らが実証実験を実施

綜合警備保障と京浜電鉄、NTTコミュニケーションズは、ローカル5Gに関する実証実験を推進する。京急電鉄の羽田空港第3ターミナル駅で、ローカル5Gを活用したドローンやロボットによる自動巡回や遠隔巡回を実施する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 綜合警備保障(ALSOK)と京浜急行電鉄(京急電鉄)、NTTコミュニケーションズの3社は2020年11月20日、コンソーシアムを組成し、「ローカル5G」に関する実証実験を推進することで合意したと発表した。ここでいうローカル5Gは、地域の企業や自治体など個別のニーズに応じて利用できる5G(第5世代移動通信方式)のネットワークを指す。

 3社は、ALSOKが総務省から受託した、令和2年度「地域課題解決型ローカル5Gなどの実現に向けた開発実証に関わる防犯分野におけるローカル5Gなどの技術的条件などに関する調査検討の請負(遠隔巡回・遠隔監視などによる警備力向上に資する新たなモデルの構築)」に基づき、ローカル5Gを活用して地域の課題を解決するモデルを構築し、遮蔽(しゃへい)物の多い閉鎖空間でのローカル5Gの電波伝搬などの技術面での検討を実施する。

画像 実証実験システム構成図(出典:NTTコミュニケーションズ

警備分野での5G活用

 実証実験は、2021年1月から京急電鉄の羽田空港第3ターミナル駅で実施する予定。ドローンやロボットによる自動巡回、高精細な4K映像を用いた遠隔巡回などを実施する。警備員への指示を最適化する5Gを活用した警備システムも構築する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。