ニュース
» 2020年11月25日 08時00分 公開

「.NET Core」に「.NET Framework」を統合:Microsoft、オープンソース開発プラットフォーム最新版「.NET 5.0」を公開

Microsoftは、「.NET Core」の後継となるオープンソース開発プラットフォームのメジャーリリース「.NET 5.0」を公開した。.NETの各種フレームワークを1つの.NETに統合する計画に基づく最初のリリースだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年11月10日(米国時間)、「.NET Core」の後継となるオープンソース開発プラットフォームのメジャーリリース「.NET 5.0」を公開した。

 .NETは、Web、モバイル、デスクトップ、ゲーム、IoTといった多様なアプリケーションを開発するためのプラットフォーム。.NET Core、「.NET Framework」「Xamarin/Mono」が.NETファミリーを構成してきたが、Microsoftはこれらのフレームワークを1つの.NETに統合する計画を進めており、.NET 5.0は、この計画に基づく最初のリリースだ。

 .NET 5.0は幅広い新機能が追加され、機能が改良されている。x86、x64、Arm32、Arm64に対応しており、Windows版、macOS版、Linux版が公開されている。.NET 5.0の公開に合わせて「ASP.NET Core」「EF Core(Entity Framework Core)」、「C# 9」「F# 5」もリリースされた。

 .NET 5.0は、Windows上では「Visual Studio 16.8」以降、macOS上では「Visual Studio for Mac」最新版で利用可能だ。「Visual Studio Code」のC#拡張機能は、.NET 5.0とC# 9を既にサポートしている。

.NET 5.0のハイライト

 Microsoftは、.NET 5.0のハイライトとして以下を挙げている。

  • NET 5.0は、プレビュー版段階から数カ月にわたって「dot.net」および「Bing.com」のホスティングに利用されており、本番環境に対応できることが実証されている
  • 多くのコンポーネントでパフォーマンスが大幅に向上した
  • C# 9とF# 5の両言語が機能強化された。C# 9の代表的な強化点として、トップレベルプログラムとレコード機能がある。F# 5は、インタラクティブプログラミング機能を提供する他、.NET上での関数プログラミングのパフォーマンスが向上した
  • .NETライブラリでJSONシリアライゼーション、正規表現、HTTP(HTTP 1.1、HTTP/2)のパフォーマンスが向上した。また.NETライブラリは、完全なNULL可能性アノテーションをサポートした
  • GC(ガベージコレクション)、階層化コンパイルなどの改良により、P95レイテンシが低下した
  • ClickOnceクライアントアプリパブリッシング、単一ファイルアプリ、コンテナイメージサイズの縮小、Server Coreコンテナイメージの追加により、アプリケーションデプロイオプションが強化された
  • Windows Arm64とWebAssemblyのサポートにより、プラットフォームスコープが拡大した

プラットフォームとMicrosoftのサポート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。