連載
» 2020年12月01日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(88):Windows 10 バージョン1909以降の機能更新プログラム、これに注意しないと「ハマる」

ここ数カ月、Windows 10の機能更新プログラムおよびISOメディアを使用したバージョンアップグレードに関して、特定の条件下で発生する既知の問題が明らかになっています。企業のクライアントPCのバージョンアップグレードを今計画している場合は、影響を受けないように注意してください。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Windows 10のバージョンアップグレードに関連する既知の問題とは

 「Windows 10」のバージョンアップグレードに関連する既知の問題とは、1つ目はWindows 10 バージョン1903以降へのインストールメディア(ISOイメージ)を使用したアップグレードを実施した際に、特定の条件下で「コンピューター証明書」や「ユーザー証明書」が失われる問題です。

 2つ目は、Windows 10 バージョン20H2(October 2020 Update)への機能更新プログラムやISOイメージによるアップグレードを実施した際に、アップグレード後に「ローカルユーザーとグループ」スナップインなどでエラーが発生し、1分後に自動的に再起動してしまうという問題です。

 そして3つ目は、Windows 10 バージョン2004または20H2にアップグレードすると、濁点や半濁点を含む半角片仮名と全角片仮名をWindows 10 バージョン1909以前は同じ文字として解釈していたWindowsの関数が、同じ文字として解釈しなくなる問題です。

 詳しくは、筆者の以下の連載記事で説明しています。

 いずれも企業のIT環境にとって、重大な影響を及ぼす可能性がある問題です。1つ目の問題はVPN(仮想プライベートネットワーク)接続や証明書ベースの認証ができなくなる原因になりますし、2つ目の問題はローカルユーザー管理に大きく影響します。3つ目の問題は、「Microsoft Access」や「Microsoft Excel」のVBA(Visual Basic for Applications)マクロに広範囲な影響を及ぼす可能性があります(画面1)。Windows 10 バージョン1903は「2020年12月8日」にサポートが終了します。Windows 10 バージョン1909以降へのアップグレードを計画している企業は、発生条件や回避策、業務アプリへの影響などを確認した上でアップグレードを実施するようにしてください。

画面1 画面1 同じExcel VBAマクロをWindows 10 バージョン1909以前やWindows 8.1で実行すると、「同じテキスト」と表示する

企業で問題を回避するには(WSUSやその他の配布ツールを利用する場合)

 1つ目の問題はオンライン(Windows Updateにアクセスできる状態)でアップグレードを実施する限り、セットアップ関連の更新プログラムがダウンロードされることにより、影響は回避されます。

 しかし、「Windows Server Update Services(WSUS)」で機能更新プログラムを配布したり、その他の配布ツールでISOメディアによるインストールを配布したりする場合は影響を受ける可能性があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。