ニュース
» 2020年12月02日 08時00分 公開

「この地域で利用されそうなアプリ」が分かる:地域特性ごとの「アプリのユーザー属性」が分かるサービス フラーがNRIと共同開発

フラーは、NRIと共同開発したアプリケーションのユーザー属性分析サービスの提供を開始した。アプリケーションAは「富裕層住宅地」に住む人の利用率が高く、アプリケーションBは「生活にゆとりがある単身世帯が多く住む都市地域」に住む人の利用率が高いといった地域特性別の特徴を把握できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 フラーは2020年12月1日、野村総合研究所(NRI)と共同開発した、アプリケーションのユーザー属性分析サービスの提供を開始した。一部のデータはフラーが提供するアプリケーション分析サービス「App Ape」(アップ・エイプ)内の「App Ape Alpha」で無償利用できる。

画像 あるオンラインデリバリーサービスアプリのエリアタイプ別インストール率。縦軸がインストール率で横軸が地域タイプ(出典:フラー

地域特性ごとにアプリの利用傾向を分析

 このサービスは、NRIが提供している地域情報(エリアタイプデータ)とフラーのApp Apeのデータを組み合わせて分析し、アプリケーションのユーザー属性を統計的に推定する。エリアタイプデータは、NRIが独自推計した金融資産などのデータと総務省が提供する国勢調査データを参考に、全国の町丁目を地域特性で21のグループに分けたもの。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。