連載
» 2020年12月03日 05時00分 公開

Chromium版Edgeってホントに自動更新されているの? 心配なので見える化して検証その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(174)

Chromium版「Microsoft Edge」は、Google ChromeやMozilla Firefoxなど他のモダンブラウザと同様に自動更新機能を備えており、最新状態に維持されるようになっています。しかし、新しいものには不具合は付きもの、Chromium版Microsoft Edgeの自動更新がちゃんと機能しているのかどうか心配になったので確かめてみました。

[山市良,テクニカルライター]
「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

新Edgeの更新サイクルは、旧Edgeの月1回から約6日に1回へ

 Microsoftは2020年1月16日に「Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge」(以下、新Edge)の初めての安定版(Stable)をリリースして以降、Windows Updateを通じて「Windows 10」標準の「Microsoft Edge(EdgeHTML版)」(以下、旧Edge)の新Edgeへの置き換えを段階的に進めてきました。

 そして、Windows 10 バージョン20H2(October 2020 Update)で新Edgeを標準ブラウザとして置き換えました。以下のアナウンスにあるように、旧Edgeは「2021年3月9日(米国時間)」のセキュリティ更新を最後にライフサイクルを終了します。まだWindows 10 バージョン2004以前で旧Edgeを利用している場合は、ライフサイクル終了までにWindows 10 バージョン20H2以降に更新するか、手動で新Edgeに置き換える必要があります。

 旧Edgeのセキュリティ修正およびその他の修正は、Windows 10の品質更新プログラムに含まれる形でWindows Update(またはWindows Server Update Services《WSUS》など、その他の更新チャネル)を通じて提供されてきました。セキュリティ問題に関しては、毎月1回(米国時間第2火曜日)の更新で最新状態に維持できるということになります。

 一方、新Edgeは、「Microsoft Edge Update」という独自の更新機能を備えており、より短いサイクルで更新が提供されます。更新バージョンの状況は、以下のリリースノートのサイトで確認できます(画面1)。

画面1 画面1 安定版(Stable)のリリースノートサイトで更新バージョンのリリース状況を確認できる

 短い期間に次々に更新バージョンがリリースされることもあり、あまりの多さに驚くかもしれません。2020年1月の安定版バージョン79(79.0.309.65)の一般提供開始から、同年11月のバージョン87(87.0.664.41)まで、実に54回のリリースがありました。平均すると大体「6日に1回」となる計算です。

 新Edgeは「Google Chrome」と同じ「Chromiumエンジン」を採用しており、こちらのリリース状況は以下のサイトで確認できます。Chromiumの更新バージョンがリリースされれば、それに対応してGoogle Chromeの更新バージョンもリリースされます。こちらは新Edgeと同じ期間に33回のリリース、平均すると大体「10日に1回」のペースです。

 新EdgeとChromiumのリリース状況を見れば、新Edge独自のコードに対する修正が多いことが想像できます。「Rapid Release(ラピッドリリース)」とはそういうものと言えばそれまでですが、「Stable」とは「安定版」ではない、筆者が知らない何か別の意味を持つのではないかと辞書で確かめたくなります。

Microsoft Edge Updateはちゃんと仕事をしているのか?

 筆者は新Edgeのリリース状況をリリースノートのページで毎日チェックし、更新バージョンがあると、すぐに新Edgeの「・・・」メニューから「ヘルプとフィードバック」→「Microsoft Edgeについて」(edge://settings/help)を開きます。

 こうすることで、Microsoft Edge Update(x64版の場合は「C:\Program Files (x86)\Microsoft\EdgeUpdate\MicrosoftEdgeUpdate.exe」)による更新バージョンのチェックが始まり、利用可能であれば最新バージョンのダウンロードとインストールが行われます。更新を完了するには、「Microsoft Edgeについて(バージョン情報)」ページの「再起動」をクリックして新Edgeを再起動する必要があります(画面2)。

画面2 画面2 「Microsoft Edgeについて(バージョン情報)」を開くと、更新バージョンの確認が始まり、利用可能な更新があればダウンロードとインストールが行われる(この画面は2020年10月20日時点)

 筆者は毎回、このように手動で更新しているため、自動更新についてあまり気にしていませんでした。しかし、手動で更新していないのに、比較的新しいバージョン(ただし最新ではない)に更新されていたPCがあったので、調べてみることにしました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。