ニュース
» 2020年12月04日 08時00分 公開

リテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学習:文系理系を問わず、全学部生を対象にした「AIとデータサイエンスの学習プログラム」を2021年4月から開始 中央大学

中央大学は、文系理系を問わず全学部生が対象となる「AI・データサイエンス全学プログラム」を2021年4月に開始する。AI、データサイエンスをリテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学習する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 中央大学は2020年12月3日、「AI・データサイエンス全学プログラム」を2021年4月に開始すると発表した。文系理系を問わず約2万5000人の全学部生を対象にAI、データサイエンスのリテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学習する。希望する学生には、プログラム言語などのスキル取得やグループで学ぶ演習科目を用意する。

画像 AI・データサイエンス全学プログラムのイメージ(出典:中央大学)

 AI・データサイエンス全学プログラムは、「AI・データサイエンスと現代社会」「AI・データサイエンス総合」「ツール科目」「AI・データサイエンス演習」の4科目で構成される。詳細は以下の通り。

AI・データサイエンスと現代社会

 数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムが定める数理、データサイエンス、AIモデル(リテラシーレベル)に準拠したカリキュラムを受講できる。内閣府の「数理・データサイエンス・AI 教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に申請を予定しており、今後は全学部必修科目化を検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。