ニュース
» 2020年12月04日 16時30分 公開

データソースにつながったシート内のデータを自動更新できる:Microsoftが「Excel」に新機能を追加、カスタムデータ型を利用可能に

Microsoftは表計算ソフト「Microsoft Excel」に新機能を追加した。セルにデータソースからデータを取り込んで利用でき、ユーザーは独自のデータをカスタムデータ型として扱えるようになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年10月29日(米国時間)、表計算ソフト「Microsoft Excel」に新機能を追加した。データソースからセルにデータを取り込んで利用できる「リンクされたデータ型」(linked data type)機能を強化し、ユーザーがカスタムデータ型(custom data type)として扱えるようにした。

 当初のExcelには、基本的なデータ型が2つしかなかった。テキストと数値だ。その後、動的配列と配列数式を導入し、1つの数式で値の配列を返すことができるようになった。

 2019年には「Excel for Microsoft 365」向けにBingを利用した「株価と地理」データ型を導入しており、1つのセルに、ライブ情報として取得可能な株式や通貨、都市、国家などに関する情報を格納できるようになった。数式やフィルター、チャートなどの機能と組み合わせると力を発揮する。

「株価と地理」データ型を使っているところ 企業名を入力し株価ボタンを押すと、セルのデータ型がその企業の株式情報を示すものに変わる。その後、どのような企業情報(年間の最高値、従業員数、本社所在地など)を入力したいのか選択すると選んだ情報がインポートされてセルに入る(出典:Microsoft、クリックで再生)

 今回の機能強化ではユーザーごとに異なるデータを構造化されたカスタムデータ型としてインポートできるようになった。例えば、企業が顧客データをExcelに取り込んで分析する場合、自社で採用している顧客の定義に従って構造化された顧客データ型としてインポートできる。「Power BI」ユーザーであれば、Excelを自動的にPower BIに接続して構造化データとして取り込むことが可能だ。Excelの「Power Query」技術を使って手動でデータソースに接続して独自データ型として利用することもできる。

 Microsoftは今回、株価と地理データ型以外のデータ型を扱えるようにするため、Wolfram Researchと提携したことも明らかにした。化学や栄養データ、郵便番号、歴史事象、遺伝学などのデータ型を利用できる。この新機能を試すには、「Office Insider」プログラムに参加する必要がある。

カスタムデータ型にはどのようなメリットがあるのか

 カスタムデータ型を使うことで、1つのセルの値として、数値や文字列にとどまらず、階層データや他のデータ型への参照、画像、インテリジェントアクションの集合体を含めることができる。これらのデータ型は提供元であるライブサービスと接続されており、いつでもExcelから更新できる。

カスタムデータ型を使っているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

 今回追加したデータ型によって、Excelが2次元のスプレッドシートから多次元ツールに進化し、柔軟性と信頼性という2つの重要なメリットを提供できるようになったとMicrosoftは述べている。

 Microsoftは、今回導入したデータ型がもたらす柔軟性について、次のように説明している。「これまで、セルに値を入れるには、セルに数式を記述するか、値を直接タイプしていた。だが、今回のデータ型を使えば、関心のあるデータを最も自然な形でセルに入力し、Excelの機能を駆使して重要な洞察を引き出すことが可能だ。1つのセルに対して、ライブで接続されたライブ情報セットを持つことができ、追加情報を求めてオリジナルの情報ソースにユーザーがその都度アクセスする必要がなくなった。ライブ情報を意思決定プロセスに素早く活用できる」

 「カードビューを利用すれば、特定のデータ型についてさまざまな情報を見たり、関連情報をナビゲートしたりできる。数式やグラフを作成して追加情報を利用したり、追加情報を利用して、並べ替えやフィルタリングの方法を変えたりすることもできる。こうして、より動的で効果的なスプレッドシートを作成できる。こうして取得したデータは堅牢(けんろう)で、裏付けがあり、エラーが発生する可能性が小さい」(Microsoft)

リンクされたデータ型のカードビュー(出典:Microsoft、クリックで再生)

 Microsoftは今回のデータ型がもたらす信頼性について次のように説明している。「リンクされたデータ型は、データの信頼性も提供できる。ユーザーが手動で行うコピーと貼り付け操作によってエラーが発生するリスクを避けられるからだ。例えば、シアトルのデータ型をインポートすれば、人口を参照する数式(=A1.population)を利用できるようになる。このデータ型が更新されると、数式の結果も更新される。『729,601』(シアトルの人口)という静的な数字が分かるだけではなく、セル内の数式を見て数字の出どころを確認できる」

新しいデータ型でシアトルの人口を取得しているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

Power BIデータを取り込み、データ型として活用できる

 Microsoftは今回、接続されたPower BIデータをExcelでデータ型として扱えるようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。