ニュース
» 2020年12月08日 16時00分 公開

細かな改善を多数施した:Microsoft、「Windows Terminal Preview 1.5」を公開

Microsoftは、「Windows Terminal Preview 1.5」を公開した。ハイパーリンクサポートやタブスイッチャー、コマンドパレットなど、多数の機能強化が施されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年11月11日(米国時間)、オープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview 1.5」を公開した。

 同バージョン1.4が同日にWindows Terminalの正式版となっており、これに伴ってWindows Terminal Previewはバージョン1.5となった。Windows Terminal Preview 1.5は、Microsoft StoreまたはGitHubのリリースページからダウンロードできる。

 Windows Terminal Preview 1.5の主な新機能や機能強化の概要は次の通り。

ハイパーリンクを自動検出

 ハイパーリンクに対応する機能が向上し、ターミナル内のリンクを自動検出するようになった。これらのリンクはクリッカブルであり、[Ctrl]キーを押しながらクリックすると、デフォルトWebブラウザでリンク先ページが開く。

ターミナルでハイパーリンクにカーソルを置くと、バルーンチップが表示される(出典:Microsoft

ベル文字に対応

 新たにベル文字をサポートした。プロファイル設定の「bellStyle」でビープ音を有効または無効にできる。

"bellStyle": "audible",
"bellStyle": "none"

絵文字をプロファイルアイコンとして使用できる

 ターミナルで絵文字をプロファイルアイコンとして使えるようになった。プロファイルの「icon」として画像ファイルを指定すればよい。

プロファイルアイコンとして絵文字を使用したところ(出典:Microsoft

 なお、ジャンプリストは絵文字をアイコンとしてサポートしておらず、プロファイルを絵文字なしで一覧表示する。

タブスイッチャーの表示順序を設定できる

 タブスイッチャーに関する設定である「useTabSwitcher」が改良されて、「mru」または「inOrder」に設定できるようになった。タブスイッチャーは、タブを切り替えるときに、開いているタブを一覧表示し、カーソルを移動してタブを選択できる機能だ。

 「useTabSwitcher」を「mru」に設定すると、開いているタブを最後に使った順に一覧表示する。「inOrder」に設定すると、ターミナルでの配置順に一覧表示する。

// Enables the tab switcher
"useTabSwitcher": "mru",
"useTabSwitcher": "inOrder"
// Disables the tab switcher
"useTabSwitcher": "disabled"

デスクトップ背景をターミナル背景として使用可能に

 「backgroundImage」の設定オプションに「desktopWallpaper」を追加した。「backgroundImage」を「desktopWallpaper」に設定すると、デスクトップの背景画像をターミナルの背景画像として使用できる。

フォーカス起動モードを追加

 今回「launchMode」設定に新しい起動モードを追加した。ターミナルをフォーカスモードで起動したり、最大化した状態で起動したりできるようになった。フォーカスモードでは、タブとタイトルバーが非表示になる。

"launchMode": "focus",
"launchMode": "maximizedFocus"

アニメーションを無効化できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。