連載
» 2021年07月21日 05時00分 公開

Flashコンテンツを安全に再生する方法【Flash Playerサポート終了】Tech TIPS

Flash Playerのサポートが2020年12月31日で終了した。その後、Flash Playerはどのように扱えばいいのか? Flashコンテンツを再生する方法はもうないのか? Windows 10を対象として解説する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

Flash Playerのサポートが2020年末に終了!? 何をどうすればいいの?

対象:Windows 10、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer


 以前、Webサイトに載っている動画やアニメーションなどの「動く」コンテンツを閲覧するには、Adobeの「Flash Player」が必須だった。PCに慣れた多くの読者にとってFlash Playerはなじみのあるプレイヤーだろう。

 そのFlash Playerのサポートが2020年12月31日で終了したことをご存じだろうか?

 「サポートが終了する」とはどういうことなのか? どのように対処すればいいのか? サポート終了後、Flashのコンテンツは全く再生できなくなってしまうのか? 本TIPSでは、Windows 10を対象として、こうした疑問について説明したい。

Flash Playerの「サポート終了」とは?

 Flash Playerのサポート終了で、エンドユーザーに最も影響が大きいのは、ウイルス感染などに悪用できるセキュリティ上の不具合「脆弱(ぜいじゃく)性」が新たに見つかっても、解消されることがない、ということだろう。

 サポートが終わる前は、Flash Playerに脆弱性が見つかると、それを修正した更新版が配布されていた。インストール済みのFlash Playerは、デフォルトで自動的に最新のFlash Playerに更新されていたため、脆弱性が発覚しても、速やかに修正が提供されることで、攻撃に悪用される危険性を回避してきた。

 しかし、サポート終了日の2020年12月31日が過ぎた今、Flash Playerに新たな脆弱性が見つかっても、それが修正されることはない。そのため、Flash Playerはウイルス感染やマルウェア侵入などの攻撃を受けやすい状態に陥っている。そんなFlash Playerを使い続けていたら、攻撃を受けて個人情報が盗まれる、ランサムウェアによって脅迫される、といった被害を受ける可能性が非常に高い。すぐに使用を止めるべきだろう。

使用を止めるべきFlash Player。その削除方法は?

 もしFlash PlayerがまだPCに残っていたら、うっかり実行しないように削除すべきだ。しかもFlash Playerは一種類ではなく、WebブラウザまたはOSに組み込みの複数バージョンがPCに残留していることがある。それらを全て見つけ出して削除しなければならない。

●Windows 10やWebブラウザに同梱のFlash Playerは自動的に削除される

 もっとも、大半のFlash Playerでは「自動削除」が進行している。例えばWindows 10やWebブラウザの場合、最新版に更新するか、あるいは最新の更新プログラムを適用していれば、同梱されていたFlash Playerは自動的に削除されているはずだ。

Flash Playerの提供元または同梱のソフトウェア 状況
Adobeのインストーラー サポートは終了。新たに脆弱(ぜいじゃく)性が発覚しても、セキュリティ更新プログラムは提供されない(脆弱性は解消できなくなる)。同社製Flash Playerによるコンテンツ再生はブロック。同社製インストーラーのダウンロードも廃止。インストール済みだと定期的にアンインストーラーが起動(自動的には削除されない)
Windows 10のInternet Explorerと旧Microsoft Edge セキュリティ更新プログラムの提供は終了。Microsoftによる2021年7月以降の月例アップデート適用により、同梱のFlash Playerとその管理APIやグループポリシー、UIが削除
Google Chrome 2021年1月リリースのVer. 88で、同梱されていたFlash Playerは削除済み
Microsoft Edge(Chromium版) 2021年1月リリースのVer. 88で、同梱されていたFlash Playerは削除済み
Mozilla Firefox 2021年1月リリースのVer. 85で、同梱されていたFlash Playerは削除済み
Flash Playerの状況

●AdobeのインストーラーによるFlash Playerは手動で削除する必要あり

 一方、AdobeのインストーラーでインストールされたFlash Playerは、自動的には削除されない。ただ、定期的にアンインストーラーが自動的に起動して、アンインストールを促すウィザードが表示される。ここで[アンインストール]ボタンを押せばFlash Playerを削除できる。

自動的に起動されたFlash Playerのアンインストーラー 自動的に起動されたFlash Playerのアンインストーラー

 上記のウィザードが表示されない場合は、以下の手順で削除すればよい。

  1. あらかじめ他のユーザーをサインアウトさせてから、管理者権限を持つアカウントでWindows 10にサインインする
  2. ブラウザを全て終了してから、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]を開く
  3. プログラムのアンインストールまたは変更」枠内で「Adobe Flash Player 」から始まるプログラムを見つけて、1つずつ削除していく(複数インストールされていることがある)。1つも見つからなければアンインストール済みと判断できる
コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2) コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2)
コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(2/2) コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(2/2)

これからFlashコンテンツを安全に再生するには

 もうFlashを再生することはないなら、Flash Playerが削除されても支障はない。だが、どうしても再生したいFlashコンテンツが残っていて、引き続き再生したい場合はどうすればよいのだろうか?

●もう「Flash Player」は使わず、インストールもしない

 まず、従来のFlash Playerを使い続けるのは、脆弱性を狙う攻撃に遭う危険性が高いため、止めるべきである。

 さらに、自動的に削除されたからといって、インターネット上でFlash Playerのインストーラーを探し出してインストールし直すのは、もっての外だ。Adobeなどはインストーラーの提供を廃止すると明言しているので、いまだにダウンロード可能なインストーラーがあるなら、それは非公式のものに他ならない。マルウェアが仕込まれている恐れもあるので、こうした出所不明なインストーラーを実行するのは避けるべきだ。

 Flash Playerがもう使えないのなら、代わりとなる再生方法が必要だ。本稿では、その1つとして「Ruffle」を紹介したい。

●Flashのエミュレーター「Ruffle」とは?

 「Ruffle」とは、Flash PlayerをエミュレートすることでFlashコンテンツを再生するオープンソースソフトウェアだ。ソースコードなどはGitHubで公開されていて、ボランティアによる開発が進められている。そのスポンサーには、New York Timesも名を連ねている。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。