連載
» 2020年12月09日 05時00分 公開

Tech TIPS:Flash Playerが2020年末で終了!?  どうすれば安全に再生できる?

Flash Playerのサポートが2020年12月31日で終了する。その後、Flash Playerはどのように扱えばいいのか? Flashコンテンツを再生する方法はもうないのか? Windows 10を対象として解説する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

Flash Playerのサポートが2020年末に終了!? 何をどうすればいいの?

対象:Windows 10、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer


 以前、Webサイトに載っている動画やアニメーションなどの「動く」コンテンツを閲覧するには、Adobeの「Flash Player」が必須だった。多くの読者にとってFlash Playerはなじみのあるプレイヤーだろう。

 そのFlash Playerのサポートが2020年12月31日で終了することをご存じだろうか?

 「サポートが終了する」とはどういうことなのか? ユーザーにとってどのような影響があるのか、またどのように対処すればいいのか? サポート終了後、Flashのコンテンツは全く再生できなくなってしまうのか? 本TIPSでは、Windows 10を対象として、こうした疑問について説明したい。

2020年末までのFlash Playerと、2021年以降のFlash Player

 すでにFlash Playerは2020年末のサポート終了に向かって、段階的に無効化が進められてきた。そして2021年以降は、完全な廃止に向かって進むことになっている。

●Windows 10には複数のFlash Playerがインストールされていることがある

 Windows 10には、同時に複数のFlash Playerがインストールされていることがある。そのため、どれか1つをアンインストールまたは無効化しても、別のFlash Playerが有効化されたまま残留している可能性がある。そこで、対処方法を説明する前に、どのような種類のFlash Playerがあるのか説明する。

 まずWindows 10標準装備のFlash Playerがあり、Internet Explorer(IE)と古いMicrosoft Edge(旧Edge)から利用されている。そのセキュリティパッチはWindows UpdateやWSUSで配布されている。

 一方、Google Chrome(Chrome)やChromium版Microsoft Edge(Chromium版Edge)といったChromiumベースのWebブラウザには、それぞれ別個にFlash Playerが同梱されている。セキュリティパッチは、それぞれのオンラインアップデートの仕組みによって提供されている(ブラウザ本体とは別にアップデートされる)。

 本家本元であるAdobeも、Windows OSを含む各プラットフォーム向けにFlash Playerを提供してきた。執筆時点では、これをWindows 10にインストールした場合、Mozilla Firefox(Firefox)にFlash Playerプラグインが追加される。セキュリティパッチは、このFlash Playerとともにインストールされる独自のオンラインアップデートの仕組みによって提供されている。

●2020年末までは原則として「デフォルトで無効。手動で有効化できる」

 Windows 10上のFlash Playerは、制限付きながら2020年末までは利用可能だ。具体的には、おおよそ「デフォルトでFlash Playerは無効。古いバージョンのFlash Playerの実行はブロック。特定のWebサイトに対して、その都度、有効化して再生が可能」となっている。ただし旧EdgeとIEは例外で、デフォルトで無効化されていないので要注意だ。

 また無効化にとどまらず、アンインストールも推奨されている。例えばWindows OSにAdobe提供のFlash Playerがインストールされている場合、サポート終了前ではあるが、自動的にそのアンインストーラーがデスクトップに現れるようになっている。そこで[アンインストール]ボタンを押せば、簡単にアンインストールを完了できる。

自動的に起動されたFlash Playerのアンインストーラー 自動的に起動されたFlash Playerのアンインストーラー

●2021年以降、多くのFlash Playerは強制的に削除されていく

 2021年になると、Adobeをはじめとする各社はFlash Playerのサポートを終了する。それにともない、ChromeやChromium版Edge、Firefoxではブラウザのアップデート時にFlash Playerが削除される予定だ。

  2021年以降の対策
Adobeによるサポート サポートは終了。新たに脆弱(ぜいじゃく)性が発覚しても、セキュリティパッチは提供されない(脆弱性は解消できなくなる)。同社製Flash Playerによるコンテンツ再生はブロック。同社製インストーラーのダウンロードも廃止
Windows 10のIEと旧Edge 2021年初頭にFlash Playerの削除ツールがWindows UpdateやWSUSで配布および実行できるようになる。セキュリティパッチは提供されない。2021年夏にはFlash Playerの管理APIやグループポリシー、UIが削除される予定
Chrome 2021年1月リリース予定のVer. 88で、同梱のFlash Playerが完全に削除され、今後は有効化できなくなる
Chromium版 Edge 2021年1月リリース予定のVer. 88で、同梱のFlash Playerが完全に削除され、今後は有効化できなくなる
Firefox 2021年1月リリース予定のVer. 85で、同梱のFlash Playerが完全に削除され、今後は有効化できなくなる
2021年以降のFlash Playerの廃止スケジュール

 一方、AdobeのインストーラーでインストールされたFlash Playerは、自動的には削除されない。前述のようにアンインストーラーが自動起動しても、ボタンを押すなどの手動操作が必要となるようだ。

 またIEと旧Edge向けのFlash Playerについては、2021年初頭から削除ツールがWindows UpdateやWSUS経由で配布される。ただし、自動的に実行されるのは2021年の夏以降の予定だ。

今すぐFlash Playerを使えないようにするには

 セキュリティを重視するなら、前述の自動削除を待たずに、今すぐFlash Playerを削除または無効化した方がよい。それには以下のように、各OSやブラウザごとにアンインストールや無効化を行う必要がある。

●コントロールパネルからFlash Playerをアンインストール

 AdobeのサイトからダウンロードしてインストールしたFlash Playerは、コントロールパネルから削除する。

 あらかじめ他のユーザーをサインアウトさせてから、管理者権限を持つアカウントでWindows 10にサインインする。ブラウザを全て終了してから、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]を開き、「Adobe Flash Player 」から始まるプログラムを見つけて、1つずつ削除していく(複数インストールされていることがある)。

コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2) コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2)
コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2) コントロールパネルの「プログラムと機能」でFlash Playerをアンインストール(1/2)

●Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除

 IEと旧Edgeから利用されるWindows 10標準のFlash Playerは、Microsoft提供の削除ツールを実行して削除する必要がある。

 まず、Webブラウザで次のMicrosoft Updateカタログのページを開く。

 すると、「4577586」という番号を含むWindows OS向け更新プログラム(=Flash Playerの削除ツール)の一覧が表示される。そこから対象のWindows 10の種類(LTSC/LTSB/それら以外)とプラットフォーム(x64/x86/ARM64)、バージョン(1507〜2004など)に合致する項目を見つけて、その右端の[ダウンロード]ボタンをクリックする。

 新しいウィンドウにダウンロードページが表示されるので、ダウンロードリンクをクリック後、ダウンロードされた削除ツールを起動する。後は画面の指示に従ってウィザードを完了させる。

Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(1/4) Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(1/4)
Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(2/4) Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(2/4)
Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(3/4) Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(3/4)
Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(4/4) Microsoft提供のツールでIEと旧Edge向けFlash Playerを削除(4/4)

●Google ChromeでFlash Playerを無効化する

 Google Chromeに同梱のFlash Playerは、上記の作業とは別に無効化する必要がある。

 まずはGoogle Chromeを最新版に更新する。その上で、アドレスバー(オムニボックス)に「chrome://settings/content/flash」を指定してFlashの設定ページを開き、以下のようにFlash Playerを無効化する。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。