ニュース
» 2020年12月10日 08時00分 公開

高齢者の活動を検知:IoT電球を使って高齢者の日常生活に異常がないかどうかを検知

NTTレゾナントとユニマットRCは、高齢者の自宅に設置したIoT電球の点灯情報から高齢者の行動パターンの変化を求め、AIによって高齢者の日常生活機能の低下リスクを推定する「でんきゅうAIレポート」を共同開発した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTTレゾナントとユニマット リタイアメント・コミュニティ(ユニマットRC)は2020年12月8日、「でんきゅうAIレポート」を共同開発したと発表した。NTTレゾナントのIoT(Internet of Things)を活用した高齢者見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」の新機能として提供する。

 でんきゅうAIレポートは、高齢者宅に設置したIoT電球の点灯情報から高齢者の行動パターンの変化を求め、AI(人工知能)によって高齢者の日常生活機能の低下リスクを推定するサービス。「要注意」と「特に異常なし」の2段階で日常生活機能の低下レベルを判定する。高齢者を見守る家族には、専用アプリケーションで通知する。

でんきゅうAIレポートの表示例(出典:NTTレゾナント、ユニマットRC

NTTグループのAI技術を活用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。