連載
» 2020年12月15日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(89):新しいMicrosoft Edgeの「URL許可リスト/URLブロックリスト」機能はどれだけ“使える”のか?

Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」は、URL許可リストおよびURLブロックリストを定義することで、許可リストやブロックリストによるWebアクセスの許可/禁止を簡単に実現することができます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Windows 10 バージョン20H2でMicrosoft EdgeはChromiumベースに

 「Windows 10」の最新バージョン、Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)の注目の新機能は、従来の「Microsoft Edge」が、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edgeに置き換わることでしょう。

 Microsoftは2020年1月にChromiumベースのMicrosoft Edge安定版を正式にリリースし、Windows Updateを通じて(または手動ダウンロード提供で)段階的に移行を進め、Windows 10標準のEdgeHTMLエンジンベースのMicrosoft EdgeをChromiumベースのものに置き換えてきました。

 そして、Windows 10 バージョン20H2では、ChromiumベースのMicrosoft Edgeが標準搭載されます。Windows 10 バージョン2004以前でまだ新しいMicrosoft Edgeに移行していない場合は、次の機能更新プログラムによるアップグレード時に新しいMicrosoft Edgeに置き換わります。

 ChromiumベースのMicrosoft Edgeについては、本連載でも主に企業向けの機能や移行方法を紹介してきました。Windows 10 バージョン2004以前の場合、多くの企業環境では新しいMicrosoft EdgeがWindows Updateで提供されることはなく、管理者が配布について検討し、展開しない限り、移行されることはありませんでした。しかし、Windows 10 バージョン20H2に移行すると、自動的に新しいMicrosoft Edgeに置き換わることになります。

 今回は、新しいMicrosoft Edgeが備える、企業向けのURLに基づいたアクセス制御機能について紹介します。

URL許可リスト/URLブロックリストによるアクセス制御とは

 現在の企業では、情報収集やWeb会議、電子取引などのためにクライアントPCからのインターネットアクセスは欠かせないものになりました。しかし一方で、従業員がクライアントPCから企業ネットワークを介してSNSやゲームなど、業務とは無関係のインターネットにアクセスすることは防止したいでしょう。悪意のあるサイトへのアクセスが情報漏えいやセキュリティ侵害、マルウェア感染につながるリスクもあります。

 Chromiumベースの新しいMicrosoft Edgeには、標準機能として「URL許可リスト(URLAllowList)」と「URLブロックリスト(URLBlocklist)によるアクセス制御機能が搭載されています。これらの機能は、「ローカルコンピューターポリシー」または「グループポリシー」を利用して構成することができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。