ニュース
» 2020年12月16日 16時00分 公開

CPUレベルでWindowsセキュリティを再定義:Microsoft、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を発表

MicrosoftはAMD、Intel、Qualcomm Technologiesとともに、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」と、これに基づくWindowsセキュリティの新たなビジョンを発表した。TPMチップとCPUのやりとりを傍受するといった攻撃に対応する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年11月17日(米国時間)、主要シリコンパートナーのAMD、Intel、Qualcomm Technologiesとともに、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」と、これに基づくWindowsセキュリティの新たなビジョンを発表した。

 Microsoft Plutonの初期設計は、2013年にMicrosoftがAMDとのパートナーシップによりリリースしたゲーム機「Xbox One」と、包括的なIoTソリューション「Azure Sphere」におけるハードウェアとOSの統合セキュリティ機能で最初に採用されている。

 初期設計が効果を発揮したことから、多様な物理的攻撃からの防御のためにハードウェアをどのように活用すべきなのかを、Microsoftは学んだ。Plutonセキュリティプロセッサにはその成果が生かされている。

Windowsセキュリティの新ビジョン

 Microsoftによると、Plutonセキュリティプロセッサは、AMD、Intel、Qualcomm Technologiesが提供する将来のチップを通じて、Windows PCの次世代のハードウェアセキュリティ保護を実現する。Microsoft Plutonの「チップツークラウド」のセキュリティ技術は、将来のWindows PCのセキュリティをより強化するとともに、エコシステムとOEMパートナーによる新たな取り組みに道を開くという。

「Chip-to-Cloud Security」をうたうMicrosoft Pluton(出典:Microsoft

 Microsoftが掲げる将来のWindows PCのビジョンでは、セキュリティを中核に据えている。セキュリティ機能をCPUに組み込み、ハードウェアとソフトウェアを緊密に統合することで、あらゆる攻撃パターンを排除するというものだ。MicrosoftはPlutonセキュリティプロセッサの革新的な設計により、Windows PCのさまざまな改善をもくろんでいる。Plutonセキュリティプロセッサにより、攻撃者がOSの背後に隠れることが難しくなり、物理的な攻撃に対する防御の他、認証情報や暗号鍵の盗難防止、ソフトウェアバグからの回復機能が強化されると、Microsoftは述べている。

CPUとTPMのバスインタフェースへの攻撃を防止

 Microsoftは、Plutonセキュリティプロセッサをリリースした背景を次のように説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。