ニュース
» 2020年12月21日 15時30分 公開

処理内容が分かりやすくなる:Excelの「LET」関数をMicrosoftが正式リリース

Microsoftは、数式内の中間計算や式に名前を割り当てることができる「Excel」の新しい関数「LET」の一般提供を開始した。計算結果に名前を割り当て、中間計算、値、定義名などを数式内に格納できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年11月16日(米国時間)、「Microsoft Excel」の新しい関数「LET」の一般提供を開始したと発表した。LETは、数式内の中間計算や式に名前を割り当てることができる関数。2020年3月の発表後、一部の「Office Insider」参加者にβ版機能として提供されていた。

 LET関数は現在、「Microsoft 365」のサブスクリプションを持つExcelユーザー向けに「Currentチャネル」で提供されており、全てのプラットフォームとWebで利用できる。

 LET関数を利用するには、以下のバージョン以降のExcelが必要だ。

  • Windows環境:バージョン2009(Build 13231.20262)
  • macOS環境:バージョン16.42(20101102)

LET関数の書式は主に2つある

 LET関数の書式は次の図の通りだ。(1)は基本的な書式だ。第1引数に変数名(name)を書き、第2引数にその変数に代入する値(name_value)を書く。第3引数には式(calculation)を書く。すると、その式の値をLET関数が返す。変数xに1を代入し、x+1を計算した結果は2だ。

 (2)の例では変数名と値の組みを並べ、最後の引数に式を書いている。変数xに1を代入し、変数yに1を代入して、最後にx+yを計算した。この例では変数名と値の組みが2つだが、最大126まで利用できる。

LET関数の基本的な使い方(出典:Microsoft

 当初予定したLET関数の仕様はβユーザーのフィードバックに基づいて次のように変更されている。

名前の自動補完が利用可能に

 LET関数の最後の引数となる計算を記述する際に、名前の自動補完機能を利用できるようになった。LET関数で定義された名前を使って計算できる。次の例では、「count」という名前を使った計算式を入力している途中で特別なアイコンと入力候補が表示されている。

名前の自動補完を利用しているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

名前に使用可能な文字を制限

 LET関数で名前の中に「.」(ドット)を使うことができなくなった。既存ワークブックで名前の中に「.」が含まれていた場合は、利用可能な名前に更新される。この措置が取られたのは、データの種類の参照において競合が発生する可能性があるからだ。

ローカライゼーションを中止

 LET関数のローカライゼーションを中止し、LETはExcelの全てのSKU(Stock Keeping Unit)で関数の名前となった。

数式作成時のベストプラクティスを紹介

 MicrosoftはLET関数を使わなかった場合と使った場合を比較し、式を作ったユーザー以外でも式が分かりやすくなることを指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。