連載
» 2020年12月28日 05時00分 公開

今使っているWindows/Officeは大丈夫? 2021年以降を見据えて、各バージョンのライフサイクルを再確認企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(90)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を大きく受けた2020年も残すところあとわずか。その影響はどうやら2021年も続きそうです。企業はテレワーク導入の推進を求められたこともあって、企業クライアントPCの更新管理やシステム更改に大きな影響を受けたことでしょう。Windows 10とMicrosoft Office製品について、現時点でのサポートライフサイクルを再確認し、2021年以降の計画に生かしましょう。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Microsoft製品のライフサイクル検索のための新サイト

 Microsoftは自社製品およびサービスについて、ライフサイクルの検索サービスを提供しています。2020年9月にこの検索サービスが刷新されました。現時点では旧サイトも利用可能ですが、いつ閉鎖されるか分かりません。今後は新サイトを利用しましょう(画面1)。

画面1 画面1 2020年9月から正式公開となった新しいライフサイクル検索サービス

Windows 10半期チャネル(SAC)のサポート状況

 「サービスとしてのWindows(Windows as a Service、WaaS)」として、モダンライフサイクルポリシーが適用される「半期チャネル(Semi-Annual Channel、SAC)」の「Windows 10」の各バージョンは、リリースから原則として「18カ月」、更新プログラムおよび製品サポートが提供されます。

 企業や教育機関向けのEnterprise/Educationエディションの場合は、上半期(H1)リリースは「18カ月」、下半期(H2)リリースは「30カ月」のサポートが提供されます。サポートが終了するサービス終了日はリリース時に決まりますが、状況に応じて延長されることもあります。2020年には公衆衛生の状況(COVID-19関連)下での企業の負担軽減のため、Windows 10 バージョン1709以降、部分的にサービス終了日の延長が行われました。

表1 表1 Windows 10半期チャネル(SAC)のサービス終了日(網掛け部は既に終了)
 *1 公衆衛生の状況(COVID-19関連)下での負担軽減のためサービス終了日を延長

Windows 10長期サービスチャネル(LTSC)のサポート状況

 「長期サービスチャネル(Long Term Servicing Channel、LTSC)」(旧称、Long Term Servicing Branch、LTSB)として数年おきにリリースされるWindows 10の機能固定バージョンには、メインストリームサポート「5年」、延長サポート「5年」の合計「10年」のサポートが提供されます。

 最初のバージョンである「Windows 10 Enterprise 2015 LTSB」は既に延長サポートフェーズに移行しました。次のバージョンの「Windows 10 Enterprise 2016 LTSB」は2021年中に延長サポートフェーズに移行します。これらのバージョンを利用している場合は、後継バージョンへの移行を検討し始める時期です。

表2 表2 Windows 10長期サービスチャネル(LTSC)のサポート終了日(網掛け部は既に終了)

Windows 8.1のサポート状況

 固定ライフサイクルサポートに基づいて提供される「Windows 8.1」は、現在、延長サポートフェーズにあります。2年後には延長サポートが終了し、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、現在、企業のクライアントOSとして運用中の場合は、早急にWindows 10への移行計画を立ててください。

表3 表3 Windows 8.1のサポート終了日(網掛け部は既に終了)

Windows 7(ESU)のサポート状況

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。