ニュース
» 2021年01月05日 17時00分 公開

多数の機能強化を実現:「Visual Studio Code」の「November 2020」リリース(バージョン1.52)が公開

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「November 2020」リリース(バージョン1.52)を公開した。エディタや拡張機能、キーボードショートカットエディタ、ワークベンチ、IntelliSense、統合ターミナルなどの機能を強化した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2020年12月12日(米国時間)、WindowsやLinux、macOSに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「November 2020」リリース(バージョン1.52)を公開した。

 VS Codeバージョン1.52ではエディタや拡張機能、キーボードショートカットエディタ、ワークベンチ、IntelliSense、統合ターミナルなどの機能が追加、改善された。

差分エディタでワードラップに対応

 エディタの改善では、差分エディタの「並べて表示」と「インライン表示」の両方がワードラップに対応した。差分エディタは通常、ワードラップに関連するエディタ設定に従う。デフォルトでワードラップが有効になっているMarkdownファイルでは、次のように、差分エディタもワードラップに対応する。

差分エディタがワードラップに対応した(出典:Microsoft

 差分エディタでワードラップを常に無効にする、または常に有効にするには、新しい「diffEditor.wordWrap」設定をそれぞれ「off」「on」にする(デフォルト設定は「inherit」)。「inherit」では、差分エディタはエディタのワードラップ設定を継承する。

スペースによるインデントがタブのように機能

 もう一つのエディタの改善は新しい「editor.stickyTabStops」設定だ。この設定によりVS Codeは、スペースによるインデントをタブのように扱い、行頭のスペースでカーソルをタブ位置に移動する。

スペースによるインデントがタブのように機能しているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

拡張バイセクト機能で拡張機能のトラブルシューティングが容易に

 Microsoftによれば、VS Codeの重要な能力は拡張機能にあるという。例えばテーマ拡張機能によってきれいな色とアイコンを追加でき、言語拡張機能はIntelliSenseを提供してコードナビゲーションを有効にできる。デバッガー拡張機能を用いるとバグを掘り下げることができる。

 ただし、拡張機能が問題を引き起こしていても、そうだとはっきり分からない場合や、どの拡張機能が原因なのか明らかではない場合がある。これまでは、全ての拡張機能を無効にした後、一つずつ有効にして、問題を引き起こしている拡張機能を見つけなければならなかった。

 新しい「Extension Bisect機能」(拡張バイセクト機能)を用いると解決がより容易になる。この機能は二分探索アルゴリズムを使って、トラブルの原因となっている拡張機能を素早く特定する。基本的な仕組みは、拡張機能の半分を無効にした後、先ほどまで起きていた問題が残っているかどうかユーザーに応答を求めるというものだ。問題がなければ、問題を引き起こしている拡張機能は、無効にされた拡張機能の中にあり、現在有効な拡張機能の中にはないことになる。ただ1つの拡張機能が残るまで、このプロセスを繰り返す。

 拡張バイセクト機能を開始するには、[Help]−[Start Extension Bisect]を選択する。ガイドに従って拡張機能の無効化、再有効化を繰り返すたびに状況を回答すればよい。

Extension Bisectを開始するところ(出典:Microsoft
問題が解決したかどうか回答するところ(出典:Microsoft

 ここで[Stop Bisec]を選択すると、確認プロセスを中止できる。中止の通知を無視してプロセスを続行するには、[Help]−[Continue Extension Bisect]を実行する。

 Extension Bisectプロセスの完了後は、拡張機能に関する問題点を報告するよう求められる。ここで次の画面のように拡張機能を無効のままにしておくこともできる。

Extension Bisect完了時の報告画面(出典:Microsoft

キーボードショートカットエディタ

 キーボードショートカットエディタにも幾つかの改良が加えられた。まず、コマンドパレットで、右上の歯車型の「Configure Keybinding」ボタンをクリックして、キーバインドを構成できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。