ニュース
» 2021年01月08日 08時00分 公開

「COVID-19の影響が比較的軽微な製品」が市場をけん引 IDCが新型コロナの影響を考慮して予測を更新国内IT市場は1.9ポイント改善

IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、国内IT市場の予測を更新した。2020年のIT市場を対前年比6.3%減の17兆1162億円と予測しており、2020年8月に発行したレポートから1.9ポイント改善した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を考慮し、国内IT市場の予測を更新した。同社は2020年のIT市場を対前年比6.3%減の17兆1162億円と予測しており、2020年8月に発行したレポートから1.9ポイント改善した。

画像 産業分野別国内IT市場、2019〜2024年の支出額予測(出典:IDC

 2021年は、対前年比2.9%増に回復する見込みだ。ただし、COVID-19の感染拡大以前の水準に回復するのは2022年以降になる。IDCは「2019〜2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は1.2%で、2024年の市場規模は19兆3601億円」と予測する。

「COVID-19の影響が比較的軽微な製品」が市場をけん引

 IDCは「COVID-19の感染拡大によって国内経済は深刻な影響を受けているものの、製造業でのサプライチェーンの混乱は収まりつつある。だが、感染再拡大の兆候はあり、有効なワクチンや治療薬が国民に広く投与されるまでは予断を許さない」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。