ニュース
» 2021年01月08日 16時30分 公開

開発者ごとに要望が異なる:まだまだ続くWebブラウザの非互換性、Mozillaが調査レポートを公開

Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査の結果をまとめたレポート「MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)2020」を公開した。前回の調査に引き続いてWebブラウザの非互換性に対する不満が高いことが分かったものの、Webプラットフォームへの全体的な満足度は高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Mozillaは2020年12月16日(米国時間)、世界のWebデザイナーと開発者の年次ニーズ調査の結果をまとめたレポート「MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)2020」を公開した。Web DNA調査は今回が2回目。世界137カ国の6645人のWebデザイナーと開発者が回答した。

 Mozillaは調査結果について大きく3点を紹介している。(1)2019年の初回調査結果を踏まえて2020年に達成された成果、(2)2020年調査のハイライト、(3)2020年調査を受けた次のステップだ。

GoogleやMicrosoftが2019年の調査結果を役立てた

 2019年の調査では、回答者の4分の3以上がWebプラットフォームに「非常に満足している」または「満足している」と答えた。

 回答者が挙げた不満点の上位4つは、「特定のWebブラウザ(Internet Explorer 11など)をサポートしなければならない」「フレームワークやライブラリのドキュメントが古くなっている、または不正確」「Webブラウザが異なると動作しない機能を回避し、削除する手間がかかる」「各種Webブラウザでのテストに手間がかかる」だった。調査の自由記入欄には生々しい意見もあった。

  • Webブラウザの互換性についての意見

 「Webブラウザの互換性と拡張性が問題だ。プラットフォーム向けにプラグインを作成する際、セキュアな構成にしようとすると問題になる」

 「完全なクロスブラウザ互換性がほしい。標準やドラフトでは『実装に特化した』点がない」

 「HTML/CSSを書いて、半年後に仕様やWebブラウザが変わったときに意図していたのとは異なる動作にならないようにしたい」

  • ファイルシステムへのアクセスについての意見

 「メディア管理のためにフォルダへのフルアクセスが必要だ。ファイルシステム上に永続的な状態を保存し、Webブラウザのストレージクリーンアップの気まぐれに左右されないようにしたい」

 「仮想ファイルシステムへのアクセスを用いることで、通常は余分な手順や外部ライブラリを全て省くことができる」

  • デバッグについての意見

 「自動テストのために、コマンドラインからのWebブラウザアプリケーションのデバッグをより簡単にしたい。これを実行するための独自の方法はあるのだが、コマンドラインからテストに合格したのか不合格なのかのすぐに判定できる方法があれば、時間の節約になる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。