ニュース
» 2021年01月12日 08時00分 公開

「注目領域」と「最適画質」を学習:「AIに必要な画質」を維持しつつ、送信データ量を削減 NECが「学習型メディア送信制御技術」を開発

NECは、「学習型メディア送信制御技術」を開発した。車載カメラで撮影した映像のうち、信号機など注目すべき領域に絞って画質を高くして送信データ量を削減する。レーン検出などの精度を維持したまま、無線通信帯域を最大10分の1に削減可能だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2021年1月8日、「学習型メディア送信制御技術」を開発したと発表した。車載カメラで撮影した映像のうち、信号機など注目すべき領域に絞って画質を高くすることで送信データ量を削減する技術。車など移動体の管制センターによる遠隔監視を支援する。

画像 従来技術との比較イメージ(出典:NEC

帯域を最大10分の1に削減可能

 安全運転や異常時の適切な措置を支援するため、特に商用車に複数のカメラを搭載するケースが増えている。安全運転を支援するには、カメラで撮影した映像を低遅延で乱れなく伝送しなければならないが、データ量が大きい映像は広い無線通信帯域が必要だ。これまでの技術では走行中に通信帯域が低下することがあり、映像の乱れや通信遅延の増加を引き起こしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。