連載
» 2021年01月13日 05時00分 公開

無色の緑の考えが猛烈に眠る(Colorless green ideas sleep furiously)とは?AI・機械学習の用語辞典

用語「無色の緑の考えが猛烈に眠る」について説明。文法的には正しいが意味的にはナンセンスな文章の例として、言語学や自然言語処理でよく用いられている。

[一色政彦,デジタルアドバンテージ]
「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

連載目次

用語解説

“Colorless green ideas sleep furiously.”「無色の緑の考えが猛烈に眠る。」

とは、文法的には正しいが意味的にはナンセンスな文章の例である。まず「無色の緑」は構文は正しいが意味が矛盾している。「緑の考え」「考えが〜眠る」「猛烈に眠る」なども、その意味をよく考えると理解不能である。

図1 無色の緑の考えが猛烈に眠るのイメージ 図1 無色の緑の考えが猛烈に眠るのイメージ

 この例文は、1957年に哲学者のノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky)氏の著書『Syntactic Structures』の中で提示された。それから言語学などの分野で、構文は正しいがナンセンスな文の例としてよく用いられている。自然言語処理(NLP:Natural Language Processing)を扱う人は知っておきたいフレーズである。

 この例文が示唆することは、人間が日常的に用いる自然言語において「言語学的な構造である統語論Syntax:構文)」と「意味論Semantics)」は別物、ということである。例えば、

“Furiously sleep ideas green colorless”(「猛烈に」「眠る」「アイデア」「緑色」「無色」)

という2つ目の例文を考えてみよう。前述した1つ目の例文は、意味は不明だが構文は正しい。それに対して2つ目の文章は、意味不明なだけでなく構文も間違っている。よって1つ目と2つ目の例文を同等の誤りとして扱うべきではない。つまり言語学や自然言語処理においては、統語論と意味論は区別されるべきなのである。

「AI・機械学習の用語辞典」のインデックス

AI・機械学習の用語辞典

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。