連載
» 2021年01月20日 05時00分 公開

リモートデスクトップが狭い? ならば複数画面に拡張だ【テレワーク自由自在】Tech TIPS

手元のPCには複数のディスプレイをつないでいるのに、リモートデスクトップに接続すると1台分のサイズでしか表示できない……。実は簡単なオプション指定でリモートデスクトップを複数画面に拡張できる。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

ノートPCだけだとリモートデスクトップが狭い…… 増設したディスプレイにリモートデスクトップは広げられないの?

対象:Windows 10


 リモートでも効率よく仕事を進めるため、自宅に2台目のディスプレイを導入してデスクトップをどーんと広げてみた。そんな読者諸氏は少なくないと思う。

 だが、リモートデスクトップ接続で会社のPCにつないだ場合、そのデスクトップのサイズ(解像度)は、ローカルPCにつないでいるディスプレイの台数に関係なく、デフォルトでいずれかのディスプレイ1台分の大きさに限定されてしまう。せっかくディスプレイを増設したのに、これではもったいない。

 実は、ローカルのデスクトップと同様に、リモートデスクトップを複数のディスプレイにまたがって全画面で表示させることができる。それも、ちょっとしたオプション指定で済むのだ。本稿ではWindows 10を対象として、その方法を幾つか紹介しよう。

「リモートデスクトップ接続」アプリで複数画面への拡張を指定する

 スタートメニューやショートカットから「リモートデスクトップ接続」アプリを起動している場合、リモートデスクトップを複数画面に拡張するには、まず[オプションの表示]を押して各種オプションのタブを表示させる。次に[画面]タブを選択し、[リモートセッションですべてのモニターを使用する]チェックボックスにチェックを入れて[オン]にする。

「リモートデスクトップ接続」アプリで複数画面への拡張を指定する(1/2) 「リモートデスクトップ接続」アプリで複数画面への拡張を指定する(1/2)
「リモートデスクトップ接続」アプリで複数画面への拡張を指定する(2/2) 「リモートデスクトップ接続」アプリで複数画面への拡張を指定する(2/2)

 他の設定が済んでいれば、これで[接続]ボタンをクリックすると、接続元(ローカル)のPCにつながっている全ディスプレイの全画面(フルスクリーン)にリモートデスクトップが表示されるはずだ。

2台のディスプレイの全画面にリモートデスクトップを表示させた例 2台のディスプレイの全画面にリモートデスクトップを表示させた例

 上記の手順でいったん接続すると、他のオプションと同様、[リモートセッションですべてのモニターを使用する]の設定が保存される。そのため、次回以降の接続では上記設定をしなくても、複数画面に拡張される。

.RDPファイルで複数画面への拡張を指定する

 「remotepc01.rdp」というような.RDPファイルを既に作成済みで、それをダブルクリックしてリモートデスクトップ接続をしている場合は、次の行を追加すると複数画面に拡張できる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。