連載
» 2021年01月25日 05時00分 公開

【Excel】これ何するマクロだっけ? をマクロ名の変更で防ぐTech TIPS

Excelで「マクロの記録」などを使ってマクロを作成した後、次回使う際に分かるようにマクロの名前を変更しようと思うと、どこにマクロの名前が設定されているのか分からないのではないだろうか。実は、マクロの名前を変更するのは意外と面倒だ。どうすれば間違いなくマクロの名前を変更できるのか、順を追って手順を紹介しよう。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Office 2013/2016/2019/365


同じような名前で何のマクロなのか分からない! 同じような名前で何のマクロなのか分からない!
マクロ記録で試行錯誤を繰り返すと、「Macro<数字>」という似た名前のマクロが数多くできてしまう。完成したマクロを区別できるようにするには、マクロの名前を変更して、実行内容に即したものにする必要がある。

 「Microsoft Excel(エクセル)」でマクロを作成する際、デフォルトで表示される「Macro<数字>」の名前をそのまま使うことも少なくない。しかし、これでは名前からマクロの内容が分かりにくいため、後からリボンに登録したり、アドインなどにしたりする際に、分かりやすい名前に変更したくなることがある。しかし、名前の変更方法は少し複雑で、Visual Basic Editor(VBE)を使う必要もある。

 なお、マクロ記録やマクロ用のリボンタブ(開発タブ)の表示などについては、ここでは解説しないので、以下の記事を参考にしてほしい。

 本Tech TIPSでは、基本的にVBAなどのプログラミングに関しての知識は前提としておらず、マクロ記録で作成したマクロだけを想定している。自作のマクロ(VBAプログラム)の場合とは前提条件が異なるため、やり方や状態などに違いがある点に注意してほしい。もっとも、プログラミングができるのであれば、この記事を読む必要はないだろう。

まずマクロの保存場所を確認する

 Excelではマクロの保存場所は4種類あり、開いているブックの状態によっては、多数のマクロの「保存場所」が存在する可能性がある。マクロの名前を変更するには、該当のマクロがどこに記録されているのかを知っておく必要がある。マクロの保存場所の詳細については、Tech TIPS「違いが分かるExcel使いになるための『マクロの保存方法3種』」を参考にしてほしい。

 具体的にいうとマクロの保存場所には、「開いているブック(保存前の状態)」「マクロ有効ブック(該当ブックを開いている場合)」「個人用マクロブック(有効にしている場合)」「アドイン(読み込み済みのもの)」の4つの可能性がある。

 基本的にマクロの名前を変更するには、そのマクロを含むブックである上記の4つのどれかを開いている必要がある。上記の記事にあるように、VBAのプログラムを勉強しないで、「マクロの記録」のみでマクロを作成するのであれば、保存先は「個人用マクロブック」に限定することをお勧めする。他のブックに保存することも可能だが、結果的に管理が面倒になるだけだ。

 個人用マクロブックは、明示的にブックを開くことなく、Excelの起動時に自動的に読み込まれた状態となる。これに対して、「マクロ有効ブック」はExcelに読み込まれた状態とする必要がある。このため、マクロを使うとき、マクロの名前を変更するときには、保存先に指定したブックを探す必要がある。しかし、「個人用マクロブック」は、1つしか存在せず、常に読み込まれているので探す必要がない。

 以下では、「個人用マクロブック」にマクロを作成している、という前提で解説する。マクロの名前を編集する前に、同名マクロを間違って編集するなどの事故を防ぎ、マクロの保存場所を探しやすくするため、無関係なブックは全て閉じておくこと。

次にVBEを準備する

 基本的にマクロ記録を使ってマクロを作成する場合、マクロを独立して表示するように設定すると、名前の変更などの作業がやりやすくなる(デフォルトでは、自分でプログラミングする人向けに、マクロは1つのページにまとめて表示されるようになっている)。

 それには、Excelを起動したら、[開発]タブにある[Visual Basic Editor]を開く。[開発]タブを表示させる方法については、Tech TIPS「Excel自動化への第一歩 マクロ(VBA)を使えるようにする」を参照いただきたい。また、[Alt]+[F11]キーで、直接「Visual Basic Editor」を開くことも可能だ(キーボードショートカットの場合、[開発]タブの表示設定は不要)。

Visual Basic Editorを開く(1) Visual Basic Editorを開く(1)
「Visual Basic Editor」(VBE)を開くには、[開発]タブを開き、左端の[Visual Basic]アイコンをクリックする。「開発」タブがない場合は、この記事のように設定すると表示できる。
Visual Basic Editorを開く(2) Visual Basic Editorを開く(2)
VBEは[Alt]+[F11]キーでも開けるが、事前に[開発]タブを表示させる設定を行っておくと便利だ。

 VBEが起動したら、メニューの[ツール]−[オプション]を選択し、[オプション]ダイアログを表示する。[編集]タブの「ウィンドウの設定」にある「モジュール全体を連続表示」のチェックを外して「オフ」にする。これで、マクロはエディタウィンドウに1つ1つ独立して表示されるようになる。

VBEの設定を変更する(1) VBEの設定を変更する(1)
マクロを判別しやすいように事前にVBEの設定を変更しておく。それにはまず、[ツール]メニューの[オプション]を選択して[オプション]ダイアログを開く。
VBEの設定を変更する(2) VBEの設定を変更する(2)
[オプション]ダイアログが表示されるので、[編集]タブを開き、「ウィンドウの設定」にある「モジュール全体を連続表示」のチェックを外して「オフ」にする。

 通常、VBEは、プログラムを書くことを想定して、モジュール内のマクロを全て連続して表示するようになっている。しかし、プログラミングに慣れない場合、これでは、マクロとマクロの区切りが分かりにくい。そこで、この設定を「オフ」にすると、マクロが単独で表示されるようになり分かりやすくなる。

VBEでマクロを探す

 VBEウィンドウの左側上にある[プロジェクト]ウィンドウ(ツリー表示)には、現在開いているブックや個人用マクロブック、アドインなどのブックファイルが「VBAProject〜」として表示されている。VBE内では、ブックと呼ばず「プロジェクト」という。VBAProjectは、プロジェクトのデフォルトの名称である。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。