連載
» 2021年01月27日 05時00分 公開

2020年12月のWindows Updateでまたまた不穏な挙動! 油断ならない「更新プログラムのチェック」ボタンに注意山市良のうぃんどうず日記(199)

2020年最後のWindowsの定例更新は「12月8日」(米国時間)にリリースされました。個人ユーザーの方は、12月9日(日本時間)以降、手動でWindows Updateを実行し、セキュリティ更新プログラムをインストールした、あるいはWindowsの自動更新に任せてインストールしたでしょう。手動でWindows Updateを実行した方は、いつもと違う挙動に戸惑ったかもしれません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

2020年最後の定例更新で遭遇したさまざまな挙動

 筆者はさまざまなバージョンのWindowsを仮想マシン環境に維持しており、米国時間の第2火曜日に提供される「定例更新(Bリリース)」は必ずインストールしています。オプションの更新プログラム(更新プログラムのプレビュー、Cリリース)は、「Windows Update」の動作確認のためにインストールすることもありますが、仮想マシンのスナップショットでロールバックしてBリリースの更新状態にしています。

 2020年12月の最後のWindows Updateでは、Windowsのバージョンや設定によって、いつもとは少し異なる幾つかの挙動のパターンに遭遇しました。それを踏まえて、2020年12月に皆さんが遭遇したかもしれないWindows Updateのおかしな挙動を以下にリストアップしてみました(これら以外のパターンもあるかもしれません。また、「Microsoft Defender」の更新は含めていません)。

(1)2020年12月のWindowsの累積更新プログラムのインストールが再起動して完了したと思ったら、再起動後に2020年11月の.NET Frameworkの累積更新プログラムのインストールが始まり、再び再起動が必要になった。

(2)2020年12月のWindowsの累積更新プログラムのインストールが再起動して完了したと思い、PCで作業していたら、数時間後に突然、再起動を要求された。

(3)2020年11月の.NET Frameworkの累積更新プログラムのプレビューが同時に検出され、インストールされた。

(4)Windows Updateの自動更新が「ダウンロード」ボタンを表示して止まっていた。

(5)2020年12月のWindowsの累積更新プログラムのインストールだけで完了した。

(6)「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」の機能更新プログラムのダウンロードとインストールが始まった。


Windows Updateの履歴が示す、.NET Frameworkのプレビュー更新のインストール

 (1)(2)の挙動は、Windows 10 バージョン2004とバージョン20H2で起こり得るパターンです。今回は、Windows 10 バージョン20H2を実行する筆者のメイン物理マシンを最初に更新し、その後、その物理マシン上のHyper-V仮想マシンの更新作業を進めていたのですが、作業中に突然に再起動を要求されて少し驚きました。

 最初の更新後に「設定」アプリの「Windows Update」を開いて、他に更新が検出されないかどうかを「更新プログラムのチェック」を何度かクリックし、最新状態と確認したはずでした。それにもかかわらず、数時間の間に2回も再起動する必要があったのです。

 後で「設定」アプリでWindows Updateの更新履歴を確認すると、「品質更新プログラム」として「2012年12月のWindowsの累積更新プログラム」が、「その他の更新プログラム」として「2020年11月の.NET Frameworkの累積更新プログラムのプレビュー」(実際の更新プログラムの日本語表示名は乱れています)の同じ日のインストール履歴が記録されていました(画面1)。

画面1 画面1 Bリリースの更新プログラムをインストールが終わったら、続いて.NET FrameworkのCリリースもインストールされてしまった

 2020年12月は、セキュリティ更新を含むBリリースとしての.NET Frameworkの累積更新プログラムはリリースされませんでした。このときは、前月に.NET FrameworkのCリリースがあり、当月にBリリース(セキュリティ更新)がない場合、前月のCリリースがBリリースに格上げされると単純に思っていました。

 なぜなら、2020年11月にも同じようなことがあり、そのときには更新プログラム名が10月のリリース時点では「2020年10月の.NET Frameworkの累積更新プログラムのプレビュー」だったものが、Bリリースのときに「2020年11月の.NET Frameworkの累積更新プログラム」に付け替えられたということがあったからです。

 以下のサポート情報は、以前は「October 20, 2020-KB4580419……」というタイトルでした。しかし、今回はこのような対応はありませんでした。

 本連載で何度も取り上げたように、Windows 10 バージョン2004/20H2のCリリースのインストール挙動がおかしいという問題の影響と簡単に片付けていました。例えば、Windows 10 バージョン2004/20H2では、「更新プログラムのチェック」をクリックしない限り、.NET Frameworkの累積更新プログラムのプレビュー(Cリリース)は検出されません。「更新プログラムのチェック」をクリックすると、再起動待ちになるまで進行状況の表示が消えてしまうという問題や、クリックして再起動しないと、ダウンロードやインストールが始まらないといった問題を確認しています。

Windows 10 バージョン1809〜1909はまた別の挙動

 Windows 10 バージョン1809(Home/Proエディション)は2020年11月10日に、Windows 10 バージョン1903(全エディション)は2020年12月8日にサポートが終了したため、12月のBリリースのタイミングでWindows 10 バージョン20H2の機能更新プログラムを受け取ったかもしれません。これがパターン(6)です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。