ニュース
» 2021年01月27日 15時30分 公開

JavaScript関連プロジェクトのランキング「2020 JavaScript Rising Stars」が公開GitHubリポジトリの年間スターを比較

「Best of JavaScript」プロジェクトは、2020年に最も注目を集めたJavaScriptプロジェクトなどのランキング「2020 JavaScript Rising Stars」を発表した。総合ランキングでは、過去5年間首位を維持した「Vue.js」を抜いて、「Deno」が首位を獲得した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「Best of JavaScript」プロジェクトは、2020年に最も注目を集めたJavaScriptプロジェクトなどのランキング「2020 JavaScript Rising Stars」を発表した。

 Best of JavaScript(Best of JS)は、Webプラットフォームと「Node.js」関連の約1500のオープンソースプロジェクトについてリストを毎日更新しているWebサイト。大阪府在住のフルスタックWeb開発者ミカエル・ランボー氏が運営している。

 直近の1日、7日、30日、12カ月にGitHubリポジトリが獲得したスター数でランキングを決めており、2020 JavaScript Rising Starsは、2020年の1年間にGitHubリポジトリが獲得したスター数で各種カテゴリー別にランキングしたもので、今回が5回目だ。リストの他に解説もある。ランボー氏と、オーストラリア在住のフロントエンド開発者ベンジャミン・ブラックウッド氏などが作成した(日本語訳はRana Kualu氏)。

総合ランキングはDeno、Vue.js、React

 総合ランキング1〜5位は次の通り。プロジェクト名の後の数字は、1年間に獲得したスター数を示す。

  1. Deno(30200) セキュアなJavaScriptとTypeScriptのランタイム
  2. Vue.js(22500) Webアプリケーションのユーザーインタフェース(UI)を構築するためのプログレッシブJavaScriptフレームワーク
  3. React(19800) UIを構築するための宣言的、効率的、柔軟なJavaScriptライブラリ
  4. Playwright(19700) 「Chromium」「Mozilla Firefox」「WebKit」を単一のAPIで自動化するNode.jsライブラリ
  5. Visual Studio Code(VS Code)(19100) コードエディタ

 今回、過去5年間首位を維持したVue.jsを抜いて、Denoが首位を獲得した。DenoはNode.jsの生みの親であるライアン・ダール氏による新しいJavaScriptランタイム。デフォルトでTypeScriptもサポートしている。Node.jsの10年間の経験を生かし、多くの改善が施されているため、Node.jsの後継と見られることが多い。

 Denoの躍進は、次の2つの大きなトレンドを裏付けているという。

  • フロントエンドとクライアント側でのTypeScriptの台頭
  • 「Snowpack」のようなソリューションでオンザフライにインポートされるECMAScript 2015(ES2015)モジュールの台頭

フロントエンドフレームワーク

 Best of JSはカテゴリー別のランキングも発表した。それぞれのカテゴリーの1〜3位は次の通り。

  1. Vue.js
  2. React
  3. Angular(13300) モバイルとデスクトップWebアプリケーションを構築するためのフレームワーク

 例年と同様にVue.jsとReactが首位を争った。2019年は「Angular」を抜いて「Svelte」が3位となったが、2020年はAngularが3位に返り咲いた。なお、ミニマルなアクティブフレームワークである「Alpine.js」が初めて5位に入った。

Node.jsフレームワーク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。