ニュース
» 2021年02月01日 08時00分 公開

2020年最も利用顧客が多い業務アプリは「Microsoft 365」 Oktaが業務アプリの利用動向を調査ビジネスでも「Amazon」を利用

Okta Japanは、業務用アプリケーションの利用動向に関する年次調査「Business At Work 2021」の結果を発表した。最も利用顧客が多かったアプリケーションは、前回同様「Microsoft 365」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Okta Japan(以下、Okta)は2021年1月29日、2020年の業務用アプリケーションの利用動向に関する年次調査「Business At Work 2021」の結果を発表した。6500種類以上のアプリケーションとの事前統合を提供する「Okta Integration Network」のデータを分析したもので、Oktaは「企業での働き方の変化を把握できる」としている。

画像 Okta経由で利用された業務アプリの利用者数のグラフ

最も利用顧客数が多かったアプリケーションは「Microsoft 365」

 2020年に最も利用顧客数が多かったアプリケーションは、前回同様「Microsoft 365」だった。前回3位だった「Amazon Web Services」(AWS)が2位になった。Oktaは「2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策でリモートワークが進んだ影響で、『Zoom』や『DocuSign』は前年よりも上位に入った」と分析する。

 OkataはMicrosoft 365を利用している企業が、Microsoft製品のみを使っているのか、他社製アプリケーションと組み合わせて使っているのかも調べた。他社製アプリケーションと組み合わせて使っている顧客数は年々増加しており、2020年の調査では81%以上を占めた。6種類以上のアプリケーションとMicrosoft 365を組み合わせて使っている割合も約10%に上った。例えばZoomを導入している割合は42%、「Slack」を導入している割合は32%、「Google Workspace」は36%だった。Oktaは「リモートで作業する際の柔軟性と機能性の重要性が高まっている」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。