連載
» 2021年02月02日 05時00分 公開

ほぼ無料の「AWS Cloud Shell」を利用して「Amazon S3」の署名付きURLを発行するAWSチートシート

AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Cloud Shell」を利用して「Amazon S3」の署名付きURLを発行する方法を紹介する。

[平石匠,東京ITスクール]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、2020年12月16日にリリースされた「AWS Cloud Shell」というコンソール上で、「AWS Command Line Interface(CLI)」を含むシェルスクリプトを実行します。また、AWS Cloud Shellを使って「Amazon S3」の署名付きURLを発行してみます。

「AWS Cloud Shell」とは

 AWS Cloud Shellは、コンソール上でシェルの実行環境を操作できるサービスです。あらかじめAWS CLIがインストールされているので、AWS Cloud Shell上でAWS CLIを実行ができます。

 これまで、AWS CLIを実行するには作業用に「Amazon EC2」を立ち上げ、ローカルから操作する必要がありました。しかし前者では作業用のEC2を停止、終了しなければなりませんし、後者ではアクセスキーを用意しなければならず、可能であれば避けたい状態でした。

 AWS Cloud ShellはAWSが裏側でEC2を起動、管理してくれます。そのEC2上でAWS CLIを実行できるので、面倒なことを考えずに済むようになります。

※2020年12月の記事執筆時点では日本語が用意されていないので、下記のリリースノートを参照するといいかもしれません。

料金

 AWS Cloud Shellは「各リージョンで最大10個のシェルを同時に無料で使用できます」とのことなので、ほぼ無料で利用できます。よく使うサービスになりそうなので、これは大変助かります。

AWS Cloud Shellを使うには

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。