ニュース
» 2021年02月02日 08時00分 公開

医療診断機会の少ない地域でもAI画像診断を実現 NTTデータがインドで結核診断へのアクセスを支援検診車で「画像診断」「トリアージ」「詳細分析」を実施

NTTデータは、Microsoftと連携し、インドの医療診断機会が乏しい地域で結核診断を受診できるようにする。AI画像診断技術を適用した検診車と「Microsoft Azure」を活用して、インドのチェンナイの住民に対して結核診断を提供する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTTデータは2021年1月29日、Microsoftと連携して、インドの医療診断機会が乏しい地域で結核診断を受診できるようにする取り組みを始めると発表した。結核流行の終息に向けて、NTTデータのAI(人工知能)を活用した画像診断技術と「Microsoft Azure」の無償提供によって、インドでの結核患者の早期発見と治療を支援する。

画像 AI画像診断ソリューションの画面(出典:NTTデータ

検診車でAI画像診断技術を活用

 世界保健機関(WHO)の調査によると「結核は世界の死亡原因トップ10に入っており、2019年の結核による死亡者数は世界で140万人になる(Global tuberculosis report 2020)。死亡者数の高さの要因として、診断機会が乏しい地域で結核の発見が遅れていることがある」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。