ニュース
» 2021年02月02日 16時30分 公開

Microsoft、「Windows Terminal Preview 1.6」を公開新しい設定UIを追加

Microsoftは「Windows Terminal Preview 1.6」を公開した。設定UIや起動時のアクション、進行インディケータなど、さまざまな機能を強化した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年1月28日(米国時間)、オープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview 1.6」を公開した。

 Windows Terminalは同日にバージョン1.5が正式版となっており、これに伴ってWindows Terminal Previewはバージョン1.6となった。Windows Terminal Preview 1.6は、Microsoft StoreかGitHubのリリースページからダウンロードできる。

 Windows Terminal Preview 1.6の主な新機能や機能強化の概要は次の通り。

新しい設定UIが加わった

 プレビュー版には新しい設定UIのα版が搭載された。ただし、設定UIはデフォルトではまだバインドされておらず、ドロップダウンメニューから[設定]を選んでも、表示されない(設定ファイル「settings.json」が開く)。

新しい設定UIを使っているところ(出典:Microsoft、クリックで再生)

設定UIを開くには

 キーボード操作([Ctrl]+[Shift]+[,]キー)やコマンドパレットで設定UIを開くには、設定ファイルの「actions」配列(設定ファイルの古いバージョンでは、keybindings)に次の設定を追加する。

{ "command": { "action": "openSettings", "target": "settingsUI" }, "keys": "ctrl+shift+," },

設定ファイルをバックアップする

 設定UIはプレビュー段階であり、設定の編集で問題が生じて元に戻す必要がある場合を想定し、従来の設定ファイルのバックアップを生成するようになった。

 バックアップファイルは、settings.jsonファイルと同じ場所にある。ファイルの位置を探す一番簡単な方法は、「Visual Studio Code」でsettings.jsonファイルのタブを右クリックし、[エクスプローラーで表示する]を選ぶことだ。

エクスプローラーで表示する(Reveal in File Explorer)のメニュー位置(出典:Microsoft

設定UIは今後どうなるのか

 設定UIは積極的に開発が進められており、アップデートが続くという。現在の取り組みは次の通りだ。

  • 設定UIに直感的なキーボードナビゲーションを含め、よりアクセスしやすくする
  • 設定UIにアクションとキーバインドを追加する
  • プロファイルの順序を並べ替える機能を追加する

スタートアップアクションを指定する

 プレビュー版では、スタートアップアクションを指定し、ターミナルの起動時の動作を構成できるようになった。

 グローバル設定で「startupActions」を編集すると、startupActions設定が「wt」コマンドラインの引数を受け入れるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。