ニュース
» 2021年02月03日 08時00分 公開

新型コロナ患者の罹患状況や看護師の業務量をAIで予測 東京医科歯科大学と富士通が共同研究を開始医療現場の業務量増減の可能性を検証

東京医科歯科大学と富士通は、新型コロナウイルス感染症に向けたAIの有効性を検証する。胸部X線写真から罹患状況を判定するAIや、診療情報に基づいて重症化を予測するAI、治療に伴う看護師の業務量を予測するAIの3種類を用いる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 東京医科歯科大学と富士通は2021年2月2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に向けたAI(人工知能)の有効性を検証する共同研究を開始すると発表した。富士通は今回の共同研究を踏まえて、COVID-19の診療に関わる医療現場の負担を軽減するシステムを開発する。

画像 共同研究のイメージ(出典:富士通

医療現場の負担を軽減する「3つのAI」

 共同研究で利用するAIは、胸部X線写真から「COVID-19肺炎の罹患(りかん)状況を判定するAI」、血液検査や病歴などの診療情報に基づいて「重症化を予測するAI」、重症化予測データを基にCOVID-19肺炎患者の治療に伴う「看護師の業務量を予測するAI」の3種類。

 COVID-19肺炎の罹患状況を判定するAIは、匿名化したCOVID-19肺炎患者の胸部X線写真を学習させ、肺炎の有無や罹患部位を判定する。重症化を予測するAIは、COVID-19肺炎に関する論文を基に、重症化した患者の血液検査や病歴などの診療情報を学習させ、患者の肺炎の病状変化を予測する。看護業務量の予測AIは、患者の重篤度に合わせた病床の移動や患者への治療行為、医師のサポートなどといった看護師の業務を数値化し、学習させる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。