ITmedia DX
ニュース
» 2021年02月05日 08時00分 公開

新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」に不具合 原因は「検証環境と異なる接触通知APIの出力」不具合はAndroid版のみで発生

新型コロナウイルス感染症対策として配布されている接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版に不具合があった。陽性者と接触しても通知されない状態だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 厚生労働省は2021年2月3日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として配布している接触確認アプリ「COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」のAndroid版に不具合があったことを明らかにした。

 COCOAは、スマートフォンの近接通信機能を利用して、感染した人(陽性者)と1m以内に15分以上近づいていた場合、その旨を通知する。不具合は、こうした条件に該当する接触があっても、接触として検知や通知をしていなかったというもの。ごく短時間の接触など、上記条件に該当しない陽性者との接触があった場合に、通知してしまう不具合も見つかった。

接触通知APIの「接触リスクに関する値」が想定と違っていた

画像 COCOAのダウンロード数、陽性登録件数の推移(出典:厚生労働省

 厚生労働省によると、COCOAの不具合は、2020年9月28日のバージョンアップから発生した。アプリを配布する前に実施するテストは、接触通知APIから出力される値を用いて模擬的に実施していたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。