ITmedia DX
ニュース
» 2021年02月08日 08時00分 公開

テレワークで「睡眠時間が増えた」は約3割 LASSICテレワーク実施後の「睡眠時間」に関する調査

LASSICが公開したテレワーク実施後の「睡眠時間」に関する調査結果によると、テレワーク後に「睡眠時間が増えた」と回答した割合は34.54%。特に20〜29歳の女性で睡眠時間が増えた割合が多かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 LASSICは2021年2月5日、同社が運営するWebメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」が実施したテレワーク実施後の「睡眠時間」に関する調査結果を公開した。今回の調査は、全国20〜65歳のテレワーク経験がある男女1077人を対象に、2020年9月1〜4日に実施した。

「睡眠時間に変化はない」が約6割

画像 テレワーク実施後、睡眠時間は変わったか(出典:LASSIC)

 調査結果によると、最も多かった回答は「睡眠時間は変わらない」で62.12%を占めたが、「睡眠時間が増えた」と回答した割合も34.54%と比較的高かった。LASSICは「テレワークによって働き方をコントロールしやすくなっても、睡眠時間などのライフスタイルは大きく変化していない」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。