ニュース
» 2021年02月12日 08時00分 公開

日本IT団体連盟がGitHubなどのクラウドサービス利用について意見を表明「利用禁止措置」は本質的な解決策にならない

日本IT団体連盟は、「GitHubなどの外部クラウドサービス利用に関する対応とお願い」を表明した。クラウドサービスの利用が萎縮しないよう、各社の情報セキュリティ対策や人材育成を要請するとしている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本IT団体連盟は2021年2月10日、「GitHubなどの外部クラウドサービス利用に関する対応とお願い」を表明した。GitHubで、大手金融機関の業務システムなどの一部ソースコードが公開された事案を受けての措置。クラウドサービスの利用が萎縮しないよう、各社の情報セキュリティ対策や人材育成を要請するとしている。

画像 日本IT団体連盟のWebページから引用

「利用禁止措置」は本質的な解決策にならない

 日本IT団体連盟は「今回の事案が報道された後、『GitHubなどのクラウドサービスの利用が制限されるのではないか』と危惧する声が挙がった。だが、今回の問題はクラウドサービスを利用したことではなく、ソースコードという『情報資産』を不用意に外部に持ち出したことにある」と指摘する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。