ITmedia DX
ニュース
» 2021年02月12日 13時20分 公開

Rustを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」が発足プロジェクトメンテナーのサポートに注力

プログラミング言語「Rust」とそのエコシステムを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」の設立が発表された。巨大IT企業の金銭的な支援を受けており、「本番環境に対応できるエンタープライズ技術としてのRustの進化」を表しているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソースのプログラミング言語「Rust」を開発するRust Core Teamは2021年2月8日(米国時間、以下同じ)、Rustとそのエコシステムを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」の設立を発表した。

 Rust Foundationは「大規模な参加型オープンソースのエコシステムの維持拡大に向けた新たな取り組み」を進めるとうたっている。「良いソフトウェアは、充実したサポートを受けるハッピーな人々によって作られる」というメッセージを掲げ、Rustプロジェクトの開発とガバナンスを担う一連のメンテナーのサポートに力を入れていく。

 Rust Foundationの設立メンバー企業はAmazon Web Services(AWS)、Google、Huawei Technologies、Microsoft、Mozillaの5社。

 Rust Foundationが2021年2月9日に開催した初のボードミーティングには、10人のディレクターが参加した。このうち5人はこれら5社の代表で、他の5人はRustプロジェクトのリーダーだ。リーダーのうち2人はRust Core Teamを代表し、他の3人はそれぞれRustプロジェクトの信頼性、品質、コラボレーションの各分野を代表している。

 Rustプロジェクトの生みの親であるMozillaは、「crates.io」パッケージレジストリを含む全ての商標とインフラ資産をRust Foundationに譲渡済みだ。Rust Foundationの設立メンバー企業は、Rustプロジェクトメンテナーへの支援を目的とした、2年にわたる年間100万ドル以上のサービスとプログラム、イベント開発予算を確約している。

 Rust Core Teamは、今回の発表について次のように説明している。「Rust Foundationの設立は幾つかの点で、Rustの成長の大きなステップとなる。中でも、業界をリードする大企業数社からの金銭的なコミットメントは、本番環境に対応できるエンタープライズ技術としてのRustの進化を告げている。われわれの設立スポンサーは熱心かつ意欲的にプロジェクトに参加し、現在のようなRustの維持と存続を約束するだけでなく、Rustの価値を支持し、Rustが目指す未来を築く責任を全面的に共有している」

Mozillaの立ち位置は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。