連載
» 2021年02月19日 05時00分 公開

Azure Database for MySQLで課金コストを節約する「停止/開始」機能が正式版にMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(134)

Azure Database for MySQLで2020年9月からプレビュー提供されていた「停止/開始」機能が正式版になりました。開発やテストのためにAzure Database for MySQLを利用している場合は、データベースの未使用時に停止することで、コンピューティング料金を節約できます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azure Database for MySQLのデータベース、未使用時は停止してコストを削減

 「Azure Database for MySQL」は、フルマネージドMySQLデータベースを提供する「Microsoft Azure」のPaaS(Platform as a Service)の一つです。MySQLデータベースのサーバを簡単にセットアップし、クラウドアプリのためのMySQLデータベースとして利用できます。フルマネージドであるため、アプリ開発者は、サーバやデータベースを管理する必要がなく、アプリ開発に専念できます。

 Azure Database for MySQLの料金は、コンピューティング、ストレージ、バックアップ、冗長化オプションによって決まります。2020年9月からパブリックプレビューが始まり、2021年2月初旬に一般提供が開始されたサーバの「停止/開始」機能を利用すると、データベース未使用時のコンピューティング料金を節約できます。

 Azure Database for MySQLを停止するには、「Azureポータル」でAzure Database for MySQLのサーバの「概要」ページを開き、「停止」をクリックします。停止されたサーバのMySQLデータベースに対してコンピューティング料金は課金されず、ストレージ(バックアップを含む)料金の課金だけになります。利用を再開するには「開始」をクリックします(画面1)。

画面1 画面1 Azure Database for MySQLのサーバは「停止/開始」が可能で、停止中にはコンピューティング料金は課金されない

 開発やテストのためにAzure Database for MySQLを利用している場合は、業務時間外などMySQLデータベースの未使用時に停止することで、開発にかかるコストを抑制できます。「停止/開始」操作はAzure CLIでも実行できるため(az mysql stop/start……)、「Azure Automation」などと組み合わせることで「停止/開始」を自動化することも可能です。

もう一つのマネージドデータベース、Azure SQLの停止/開始は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。