ニュース
» 2021年02月24日 16時00分 公開

人気ランキング「TIOBEインデックス」で「C」が首位、「Python」「Groovy」の評価が大きく上昇Javaは2位ながら評価が低下

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年2月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは2021年2月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 「C」言語が16.34%のレーティングで首位を獲得し、「Java」「Python」「C++」「C#」が2〜5位を占めた。TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。変動幅(ポイント)は2021年1月時点の調査からの差を示す。

TIOBEインデックス(2021年2月版)から1〜20位を示した(出典:TIOBE Software

 各言語のレーティングを今回の調査の1年前に当たる2020年2月と比べるとこうなる。ポイントの上昇幅が大きかった言語は、Python(1.52ポイント増)、Groovy(1.08ポイント増)、C++(0.71ポイント増)の3つだ。一方、Javaのレーティングは6.07ポイント減と大きく落ち込んだ。なお、今回のレーティング首位となったC言語も0.43ポイント減だった。

TIOBEインデックス1〜10位の推移を示した(出典:TIOBE Software

上位の8言語は固定している

 TIOBE SoftwareのCEOを務めるポール・ジャンセン氏は「TIOBEインデックスの上位8言語はこの7年間、変わっていないが、Cを除けば、各言語の新バージョンが活発にリリースされている」と指摘する。

 「例えば、C#はほぼ毎年、アップデートされている。JavaScriptは改訂のサイクルが速く、ついていくのが困難だ。C++のアップデートは3年に1回だが、最新リリースで導入されたモジュールは、C++プログラミングに大きな変化を起こしそうだ」

 その一方でTIOBEインデックスの9位と10位は、上位8言語ほど固定されていないとも指摘する。「この12カ月でSQLやアセンブリ言語、R、Groovy、Go、Swiftがこの順位に入った。この中からトップ10に定着する言語が出てくるのかどうかが見ものだ」(ジャンセン氏)

21位以下のランキングも分かる

 同社は2021年2月のTIOBEインデックスについて、21〜50位のランキングも非公式に公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。