ニュース
» 2021年03月02日 08時00分 公開

「クラウド型セキュリティゲートウェイの採用が加速」 ガートナーがネットワーク移行に関する2021年の展望を発表移行を進める前に知っておくべき「5つのポイント」

ガートナー ジャパンは、新たなネットワークへの移行に関する2021年の展望を発表した。2024年までに新たなネットワークへの移行が進み、クラウド型セキュリティゲートウェイを採用する企業が60%を超えるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2021年3月1日、新たなネットワークへの移行に関する2021年の展望を発表した。同社は「2024年までに新たなネットワークへの移行が進み、クラウド型セキュリティゲートウェイを採用する企業が60%を超える」と予測している。

画像 ITリーダーが優先したネットワーク関連の作業(出典:ガートナー ジャパン

コロナ禍でクラウド型セキュリティゲートウェイの採用が加速

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による在宅勤務者が増えたことや、企業によるパブリッククラウドの利用が拡大していることなどを背景に、ガートナーは「企業内のLANやインターネットのトラフィックが増大しており、既存のネットワークにさまざまなボトルネックが生じている」と指摘する。

 ガートナー ジャパンのアナリストでバイス プレジデントを務める池田武史氏によると、「こうしたトラフィックの変化に対応する選択肢としてクラウド型セキュリティゲートウェイが採用されており、新たなネットワークへの移行が始まっている」という。

 ガートナーが日本国内の企業を対象に2020年9月に実施した調査によると、COVID-19が企業ネットワークに与える影響に対処するために優先した作業のトップ3は、「インターネット接続の契約帯域の増速」「セキュリティゲートウェイ機器のクラウド型への移行」「VPN装置の増強」だった。

移行を進める前に知っておくべき5つのポイントとは

 2020年1月に実施した同調査では、クラウド型セキュリティゲートウェイを採用した企業は10%程度だったが、「COVID-19の影響によってクラウド型セキュリティゲートウェイの採用が加速しており、2024年までには採用企業が60%を超える」とガートナーは予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。