連載
» 2021年03月03日 05時00分 公開

WindowsのSMB v3はSMB v2より新しいが、SMB v3はSMB2であるその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(180)

Windowsネットワークにおけるファイルおよびプリンタ共有プロトコルの標準といえば、「Server Message Block(SMB)」です。DOS/Windows向けの初期の「LAN Manager」から続く歴史の長いこのプロトコルは、下位互換性を提供しながらバージョンアップしてきました。現在、下位互換性を維持するためには、追加の手順が必要な場合があることをご存じでしょうか。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

SMBの最新バージョンはSMB 3.1.1だが、同じSMB 3.1.1でも機能差あり

 Windowsの登場以前から存在する「Server Message Block(SMB)」は、「Windows XP」および「Windows Server 2003 R2」以前の「SMBバージョン1(SMB 1.0/CIFS)」、「Windows Vista」および「Windows Server 2008」で登場した初めての新しいメジャーバージョン「SMBバージョン2(SMB v2、SMB 2.0)」、「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」の「SMB 2.1」、「Windows 8」および「Windows Server 2012」の「SMBバージョン3(SMB v3、SMB 3.0)」、「Windows 8.1」および「Windows Server 2012 R2」の「SMB 3.0.2」、そして「Windows 10」および「Windows Server 2016」以降の「SMB 3.1.1」とバージョンアップを繰り返してきました(表1)。

Windows SMB
Windows XP(EoS)およびWindows Server 2003 R2(EoS)以前 SMB 1.0/CIFS
Windows Vista(EoS)、Windows Server 2008(EoS) SMB 2.0
Windows 7(EoS)、Windows Server 2008 R2(EoS) SMB 2.1
Windows 8(EoS)、Windows Server 2012 SMB 3.0
Windows 8.1、Windows Server 2012 R2 SMB 3.0.2
Windows 10、Windows Server 2016以降 SMB 3.1.1
表1 WindowsとSMBバージョンの対応(EoS=サポート終了)

 バージョンアップといっても、新機能を含む新しい「ダイアレクト(Dialect、方言)」の追加であり、新しいバージョンのWindowsは、以前の全てのSMBバージョンをサポートしています。SMBのクライアント(LanManワークステーション)とサーバ(LanManサーバ)では、通信を開始する際にダイアレクトをネゴシエートして、両者がサポートする最上位のダイアレクトを選択します。例えば、Windows Server 2019のSMBサーバは、Windows 10のSMBクライアントとの通信にはSMB 3.1.1を選択し、Windows 8.1のSMBクライアントとの通信にはSMB 3.0.2を選択します。

 SMB v3では、セキュリティと可用性、パフォーマンスに関するさまざまな新機能が利用可能です。例えば、サーバレスでインターネット経由でのSMBファイル共有を提供する「Azureファイル共有(Azure Files)」サービスは、SMB v3に組み込まれた「SMB暗号化」機能によって、パブリックなネットワーク上でプライベートなデータ送信を可能にするセキュリティを保証しています。

 また、Windows 10とWindows Server 2016以降はSMB 3.1.1で変わりませんが、Windowsの新しいバージョンで新機能の追加や変更が行われています。以下の公式ドキュメントでは、Windows 10 バージョン1809およびWindows Server 2019までの新機能や変更点を確認することができます。

 その後もSMBへの新機能の追加は続いています。例えば、Windows 10 バージョン1903では「SMB圧縮(SMB Compression)」という機能が追加されました、ただし、この機能が実際に利用可能になるのは、Windows 10 バージョン2004以降の「XCOPY」コマンドおよび「ROBOCOPY」コマンドからで、これらのコマンドにはSMB圧縮に対応した「/COMPRESSION」オプションが追加されています。

Windows 10 バージョン1709における重要な既定の変更

 Windowsの新しいバージョンは下位互換性維持のために、以前の全てのSMBバージョンに対応していると書きましたが、現在、下位互換性が既定では提供されないものもあります。そのため、WindowsやWindows Serverをバージョンアップしたら、以前は問題なかったのに突然、共有リソースに接続できなくなったといったトラブルに遭遇することになります。

 下位互換性に影響する大きな変更は、Windows 10 バージョン1709で実施された、2つの既定の挙動変更です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。