ニュース
» 2021年03月03日 14時30分 公開

次の新天地はアフリカか、ソフトウェア開発者の現状をTungaが調査モーリシャスと南アフリカ共和国、モロッコ、チュニジアが有望

アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状に関する調査結果をTungaが発表した。開発者の人口が多い17カ国について人数やプログラミング言語の順位を挙げた他、ソフトウェアを含むテクノロジー産業がどのような状況にあるのかを調べた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オランダとウガンダ、ナイジェリアでIT人材派遣とソフトウェアアウトソーシングを手掛けるTungaは、2021年2月19日(ケニア時間)、アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状について発表した。

ソフトウェア開発者の多い3カ国は

 TungaはLinkedInとGitHub、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)のアフリカに関するインターネット経済のレポートに基づき、アフリカ諸国のソフトウェア開発者の人数を推計した。

 それによれば、アフリカ連合(AU)に加盟する55の国と地域には約69万人のソフトウェア開発者がおり、そのうち90%以上が上位17カ国に集中していたという。そのうち、10万人を超えたのは南アフリカ共和国(13万3195人)とエジプト(12万5270人)、ナイジェリア(11万4536人)だった。この3カ国でアフリカ全体の約54%を占めた。いずれも人口が5000万人を超える国だ。

 次いで10位までにケニア、モロッコ、チュニジア、ガーナ、アルジェリア、ウガンダ、エチオピアが並んだ。11位以下はセネガル、タンザニア、カメルーン、モーリシャス、ジンバブエ、ルワンダ、コートジボワール(Ivory Coast)である。

 人口100万人当たりのソフトウェア開発者の数が1000人を超えたのは6カ国で、順にモーリシャス(5454人)、チュニジア(4120人)、南アフリカ共和国(2234人)、モロッコ(1345人)、エジプト(1224人)、ケニア(1095人)だった。

アフリカ17カ国におけるソフトウェア開発者の人数(横軸)と人口100万人当たりのソフトウェア開発者の人数(縦軸)(出典:Tunga

どのようなプログラミング言語に精通しているのか

 今回の調査では上位17カ国で活躍するソフトウェア開発者について、どのようなプログラミング言語を用いているかを推計した(アフリカ諸国のソフトウェア開発者の人数を推計した際と同じ手法を採用)。これは開発者の自己申告に基づいており、開発者本人が重要だと考えているスキルに偏っている可能性があるという。

 世界の他の地域で人気のある言語はアフリカ諸国でも変わらないが、例外が3つある。第一にSQLがトップになったこと、第二にC言語とVisual Basicが10位までに入っていないこと、第三にiOS用のプログラミング言語が極端に少ないことだ。iOSのシェアがアフリカ諸国では非常に低いことが第三の結果を生んだと、Tungaは推測している。

プログラミング言語ごとのソフトウェア開発者の人数(出典:Tunga

 同様に開発プラットフォーム(フレームワーク)については、.NET、Android、Node.jsの順に自己申告が多かった。約10%のソフトウェア開発者が.NETプラットフォームに向けて開発していることになる。

開発プラットフォーム(フレームワーク)ごとのソフトウェア開発者の人数(出典:Tunga

モーリシャスと南アフリカ共和国、チュニジアはLinkedInの利用者の割合が高い

 Tungaによれば、テクノロジー分野の専門性の高さをごく大まかに見積もるには、人口当たりのLinkedIn利用者数が参考になるという。

 人口に占めるLinkedInユーザーの割合が10%を超えたのはモーリシャス(19.0%)と南アフリカ共和国(10.1%)だった。モーリシャスの人口は約130万人、南アフリカ共和国は約5800万人であり、国の人口規模がかなり異なる。

アフリカ17カ国におけるテクノロジー分野の専門性の高さ 横軸は人口100万人当たりのソフトウェア開発者の人数、縦軸はLinkedInユーザーの人口に占める割合(出典:Tunga

ソフトウェア開発者の給与レベルでは南アフリカ共和国がトップに

 企業がソフトウェア開発者と契約する際に、給与レベルが重要な指標になるとTungaは指摘している。給与について公開されている情報源のうち、米国のGlassdoorとPayscale、オランダのWageIndicator Foundationを重視した。

 17カ国のソフトウェア開発者の給与水準を比較すると、最も低いのがエチオピアであり、中央値は約229ユーロ、南アフリカ共和国は最も高く、中央値はエチオピアの約8倍、最高値は約15倍に達した。

 次のグラフにある縦棒の下端は中央値の給与、上端は最も高い給与を示している(つまり給与が中央値より少ない開発者は図に示されていない)。

アフリカ17カ国のソフトウェア開発者の給与水準(出典:Tunga

 給与水準とソフトウェア開発者の人数を比較して、ナイジェリアやエジプト、チュニジアのように人材プールが大きく、給与が低い国に潜在的な発展の可能性があるとTungaは結論付けている。次いでガーナ、アルジェリア、ウガンダに可能性があるという。

アフリカ17カ国のソフトウェア開発者の人数(横軸)とソフトウェア開発者の給与水準(縦軸)(出典:Tunga

技術エコシステムとビジネス環境はソフトウェア開発者の数と相関する

 今回の調査ではソフトウェア開発者だけではなく、アフリカの技術エコシステムについても触れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。