ニュース
» 2021年03月04日 08時00分 公開

「非接触型」の指静脈認証 日立が認証装置と開発キットを提供開始指をかざすだけでログイン可能

日立は、「日立指静脈認証装置C-1」と、PCカメラ向け生体認証ソフトウェア開発キット「日立カメラ生体認証 SDK for Windows フロントカメラ」を2021年3月9日に提供開始する。非接触型生体認証機器で、本人確認やキャッシュレス決済などに向ける。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2021年3月2日、「日立指静脈認証装置C-1」(以下、C-1)と、専用装置不要のPCカメラ向け生体認証ソフトウェア開発キット「日立カメラ生体認証 SDK for Windows フロントカメラ」(以下、生体認証SDK)を2021年3月9日に提供開始すると発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスク低減を目的に、ニーズが高まる「非接触型生体認証機器」を使った本人確認やキャッシュレス決済などに向ける。

画像 指紋認証装置とカメラ生体認証の利用イメージ(出典:日立製作所

「非接触型」の指静脈認証

 従来の指静脈認証装置は指を機器に接触させなければならなかったが、C-1に3本の指をかざすだけで認証できる。数百万人規模の認証情報を管理でき、小売店や飲食店での決済の他、イベント会場の入退管理、レジャー施設での会員管理などに利用できる。バーコードやQRコードの読み取り機能も備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。