連載
» 2021年03月04日 05時00分 公開

OneDriveの同期でファイルが消えた!? でもご安心を【Windows 10トラブル対策】Tech TIPS

同時に2台のPCで、同じMicrosoftアカウントでOneDriveを使ってファイルのやりとりを行うと、同期のタイミングによっては、せっかく作成したファイルが失われてしまうことがある。このような場合のファイルの復元方法を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10+OneDrive


OneDriveは同期のタイミングによってファイルが消えてしまうことも OneDriveは同期のタイミングによってファイルが消えてしまうことも
2台のPCで、同じMicrosoftアカウントでOneDriveを使ってファイルのやりとりを行うと、同期のタイミングによっては、せっかく作成したファイルが失われてしまうことがある。ファイルが消えてしまっても、オンラインのOneDriveを開くことで復元することが可能だ。

 リモートワーク(テレワーク)などで、自宅で作業したファイルをOneDriveなどのオンラインストレージに保存し、リモートデスクトップで会社のPCにサインインして続きの作業を行う、ということも増えているのではないだろうか。こうした作業の中で、作成したファイルがOneDrive上から消えてしまった、という苦い経験を持っている人もいることだろう。

 OneDriveの同期のタイミングによっては、リモート(会社)のPCでOneDriveを開いた際に、オンライン上のOneDriveと同期が行われ、ファイルが削除されてしまうことがある。

OneDriveの同期でファイルが消えてしまう流れ OneDriveの同期でファイルが消えてしまう流れ

 さらに、ローカル(自宅)のPC上のOneDriveフォルダを開くと、オンライン上のOneDriveとの同期が実行され、ローカルにあったファイルも消えてしまう。もし何時間もかけた作業ならば、一からやり直しと絶望的になるはずだ。

 新しいPCを設定して、同じMicrosoftアカウントでOneDriveと同期した際など、オンライン上のOneDriveが新しいPC側に同期されてしまい、ファイルやフォルダが消えてしまうこともある。

 このようにOneDriveの同期でファイルやフォルダが消えてしまった場合の対処方法を紹介しよう。

消えてしまったファイルやフォルダはどこに

 OneDriveの同期によって消えてしまったファイルやフォルダは、完全に消去されてしまうわけではない。ローカルのOneDriveフォルダから削除されてしまうが、オンライン上のOneDriveでは、[ごみ箱]フォルダに移動しているだけだ。ここからファイルやフォルダを元のフォルダに戻せば、消えたファイルやフォルダを復元することが可能だ。

 それにはWebブラウザでオンライン上のOneDriveを開いて操作する必要がある。この作業は、ローカルPCとリモートPCのどちらでも構わない。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。