連載
» 2021年03月05日 05時00分 公開

「2024年2月末」で廃止されるMicrosoft Azureのサービス、API、SDK、ツールに備えようMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(135)

Microsoftは2021年2月、3年後の「2024年2月29日」に廃止予定のMicrosoft AzureのサービスやAPI、ツールについて一斉発表しました。後3年ありますが、利用中のものがある場合は廃止までに対応を検討、実施することをお勧めします。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

「3年」という長めの猶予期間付きで多数のサービスの廃止を予告

 クラウドのサービスは日々、新機能が追加される一方で、レガシーなサービスがあったり、使用状況によっては廃止されたりするものもあります。今回、3年後の「2024年2月29日」に廃止が発表されたのは、以下の広範囲にわたるMicrosoft Azureのレガシーなサービス、API(Application Programming Interface)、SDK(Software Development Kit)、ツールです。

 サービスを構成変更することなく長期間利用している場合は、互換性を維持するためにレガシーな方法が利用されている場合があります。影響を受けるものがないかどうかを確認し、3年後の廃止に余裕を持って備えてください。

レガシーなAzureRMモジュールから最新のAzへの移行を

 2024年2月29日に廃止されるものの一つに、Windows PowerShellのコマンドラインからAzureのリソースを直接管理するためのコマンドレットを含むWindows PowerShell用の「AzureRM」モジュールがあります(上記の[12])。AzureRMは既にレガシーなモジュールであり、現在は後継であり、Windows PowerShellとクロスプラットフォームのPowerShell環境の両方に対応した「Az」モジュールが推奨されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。