ニュース
» 2021年03月09日 16時00分 公開

Microsoft、クラウド対応のプリントサービス「ユニバーサルプリント」を正式リリースドライバのインストールやオンプレミスのプリントサーバが不要に

Microsoftは、クラウド印刷サービス「ユニバーサルプリント」の一般提供を開始した。Windows Serverの主要な印刷機能をMicrosoft 365クラウドに移行できる。オンプレミスのプリンタサーバが不要になり、デバイスにプリンタドライバをインストールする必要もなくなる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年3月2日(米国時間)、ユーザーがどこからでもインターネット経由で印刷できるクラウド印刷サービス「ユニバーサルプリント」の一般提供を開始したと発表した。

 ユニバーサルプリントのパブリックプレビューは2020年7月に始まっており、既に数千社の企業が利用している。このサービスはMicrosoftのデータセンターで運用されており、次に挙げるWindowsや「Microsoft 365」サブスクリプションのいずれかを契約している企業は、今回、ユニバーサルプリントをアクティベートできるようになった。

  • Microsoft 365 Business Premium
  • Windows 10 Enterprise E3、同E5
  • Microsoft 365 Enterprise F3、同E3、同E5
  • Windows 10 Education A3、同A5
  • Microsoft 365 Education A3、同A5

 ユニバーサルプリントは、Windows Serverの主要な印刷機能をMicrosoft 365クラウドに移行するというもの。企業はオンプレミスのプリンタサーバが不要になり、デバイスにプリンタドライバをインストールする必要もなくなる。

Azure ADや印刷位置検出などを利用可能

 さらに、ユニバーサルプリントは、「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用したプリンタアクセス用セキュリティグループの他、ユーザーに近い場所など位置ベースのプリンタ検出、豊富な管理機能(Azureポータルでの一元管理、印刷環境の制御、レポート、可視化など)といった機能も提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。