ニュース
» 2021年03月10日 08時00分 公開

2025年の市場規模は2020年の2.4倍に IDCが国内パブリッククラウドサービス市場を予測「COVID-19の拡大でクラウド利用促進の重要度が高まった」

IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2020年の市場規模は1兆654億円。2025年は2兆5866億円になると予測する。IDCの調査によると約4割の企業が「COVID-19の拡大によってクラウドの利用促進の重要度が高まった」と回答している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年3月8日、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2020年の市場規模は、対前年比19.5%増の1兆654億円。IDCでは2020〜2025年のCAGR(年間平均成長率)を19.4%と見込み、2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5866億円になると予測する。

画像 2020〜2025年の国内パブリッククラウドサービス市場の売上額予測(出典:IDC Japan)

「COVID-19の拡大によってクラウドの利用が促進された」

 こうしたクラウド利用拡大のきっかけは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大だ。IDCが2020年10月に実施した「国内クラウド需要調査」の結果によると、クラウドを優先的に検討する企業が65.5%を占め、2019年10月調査時の58.5%から大きく増えた。COVID-19の拡大によってクラウドの利用促進の重要度が高まったと回答した企業の割合も42.3%に上った。

 IDCによると「『デジタルトランスフォーメーション』(DX)やデータ駆動型ビジネスを、優先度の高い経営課題と認識する企業が増加している。だが実際には、DXやデータ駆動型ビジネスが進んでいない企業がほとんどだ」という。IDCは新しい取り組みが進まないのは、「企業文化、組織」「人材」「DXビジョン、適用領域の選定」「予算」など企業が持つさまざまな課題が原因だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。