連載
» 2021年03月09日 05時00分 公開

Windows、Azureの管理はどう変わる?――Windows Admin Center バージョン2103の一般提供とAzureポータル統合のWindows Admin Centerのパブリックプレビューが開始Microsoft Azure最新機能フォローアップ(137)

Microsoftは「Windows Admin Center(WAC)」の最新バージョン「2103」の一般提供を開始しました。また、Azureポータルに統合された「Windows Admin Center(プレビュー)」のパブリックプレビューも開始しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

進化を続ける管理ツール「Windows Admin Center」

 Microsoftは2021年3月2日(米国時間)、HTML5ベースのWindows Server管理ツール「Windows Admin Center(WAC)」の最新バージョン「2103」のGA(Generally Available)を発表し、Microsoft Evaluation Centerでのダウンロード提供を開始しました(画面1)。

画面1 画面1 WAC 2009以前を利用中の場合は30日以内にWAC 2103に更新する必要がある

 上記は評価版ソフトウェアのダウンロードサイトですが、WACは評価用ではなく、正式版です。WAC 2103のビルドは「1.3.2103.01006」で、「プログラムのアンインストールまたは変更」の一覧ではバージョン「1.3.35878.0」と表示されます。WACのサポートポリシーでは、WACの新バージョンリリース後「30日間」は前バージョンがサポートされます。現在、WAC 2009を利用中の場合は、2021年3月中にWAC 2103に更新してください。

 WACは2018年4月にバージョン1804が初めてGA版としてリリースされ、その後、おおむね半期に一度のサイクルで新しいGA版が提供されています。

 最新のWAC 2103は、「イベント」ツールの再設計や「仮想マシン」ツールの表示列の選択とグループ化のサポート(画面2)、仮想マシン統合サービスの構成の追加、前バージョンのWAC 2009で追加された「Azure Stack HCI」サポートの強化など(画面3)、主要な各種管理ツールの改善や機能強化が行われ、新たに「Azure IoT Edge for Linux on Windows」のサポートも追加されています。

画面2 画面2 WAC 2009では仮想マシンの複製(クローン)やドメイン参加設定機能が追加されたが、WAC 2103では表示列の選択やグループ化、統合サービスの構成をサポートする
画面3 画面3 WACを利用すると、Windows ServerのクラスタやAzure Stack HCIクラスタをウィザードで簡単にセットアップできる。WAC 2103では、OEMベンダーの拡張機能とシームレスに統合されている

 WAC 2103では、プラットフォームとして機能も強化されています。各ツールを別ウィンドウで開く「ツールを新しいウィンドウで開く」機能の追加、WACの自動更新機能のプレビュー機能としての追加、拡張機能の自動更新機能の追加、プロキシのサポートなどです(画面4)。

画面4 画面4 WACと拡張機能の自動更新機能が追加され、プロキシ経由での接続もサポートされた

 以前はWACの新バージョンがリリースされると、Microsoft Evalution Centerからインストーラーをダウンロードして更新するか、Microsoft Updateで配布されるまで待つ必要がありました(Microsoft Updateを有効にしている場合)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。