ニュース
» 2021年03月16日 14時30分 公開

Google、モバイルアプリ開発で視覚処理などの機械学習を利用しやすい「ML Kit」をリリースPose Detection API β版も機能強化

Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。

[@IT]

 Googleは2021年3月9日(米国時間)、Googleのオンデバイス機械学習機能を利用したAndroidアプリケーションやiOSアプリケーションを開発するためのモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせて、Selfie Segmentation(自撮り写真分割)APIのβ版をML Kitへ追加し、ML Kitに含まれるPose Detection(姿勢検知)APIのβ版の機能強化を発表した。

ML Kitの一般提供開始

 ML Kitは、AndroidやiOSを対象とする開発者がアプリケーションで機械学習を簡単に利用できるようにすることを目指しており、2018年5月にGoogleがβ版を発表した。ML Kitには視覚と自然言語処理をベースにしたユースケースに役立つAPIセットが含まれており、Googleはこれらを急ピッチで拡充してきた。今回、Selfie Segmentation API、Pose Detection API、Entity Extraction(エンティティー抽出)APIを除く、ML Kitの全APIの一般提供を開始した。

ML Kitが備えるAPI群(出典:Google

Selfie Segmentation APIの追加

 Selfie Segmentation APIは画像内のユーザーと背景を簡単に分離し、重要なものにフォーカスする際に役立つ。

Selfie Segmentation APIの適用例 人物像の部分だけを抽出できる(出典:Google

 これまで、自撮り写真にクールな効果を加えたり、被写体を面白い背景に置いたりすることは、簡単ではなかった。

 Selfie Segmentation APIは静止画と動画、全身と半身の画像に対応する。

Selfie Segmentation APIの動作(出典:Google

 Selfie Segmentation APIは、入力画像から出力マスクを生成する。マスクの各ピクセルには、0.0〜1.0の範囲にある浮動小数点数が割り当てられる。その数が1.0に近いほど、ピクセルが人を表す信頼度が高くなる。

 動画を入力した場合、前のフレームの出力を利用して、スムーズな分割結果を返す。さらに同APIは、1人または複数の被写体のサポートや、リアルタイム処理、RAWサイズマスクといった機能も提供する。

Pose Detection APIの機能強化

 Pose Detection APIはアプリケーション開発者が動画や静止画からリアルタイムで被写体の姿勢を検知するための多様な機能を提供する軽量ソリューションだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。