連載
» 2021年03月18日 05時00分 公開

気付けば「タブ」だらけなあなたに朗報? Chromium版Edgeの新機能「垂直タブ」を試してみるTech TIPS

Chromium版Microsoft Edgeに独自の新機能「垂直タブ」が標準搭載された。これまでの水平タブとの切り替えが可能で、ブラウザペインの左側にタブを並べることができる。Webページのタイトルが見やすくなる他、水平タブに比べて多くのタブを並べることが可能だ。この垂直タブの使い方を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Chromium版Microsoft Edgeバージョン89以降


Chromium版Microsoft Edgeバージョン89で導入された「垂直タブ」機能 Chromium版Microsoft Edgeバージョン89で導入された「垂直タブ」機能
Chromium版Microsoft Edgeバージョン89で正式に採用された「垂直タブ」機能を使うと、タブをブラウザペイン左側に配置できる。これにより、Webページのタイトルが見やすくなり、多くのタブを並べることが可能になった。

 2021年3月9日(米国時間)にedgeHTML版の「Microsoft Edge(以下、旧Edge)」のサポートが終了し、今後はセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなる(Windows Blog「Microsoft Edgeレガシー版から新しいMicrosoft Edgeへの移行」参照)。また、2021年4月には旧Edgeが自動削除され、Chromium版Microsoft Edge(以下、Chromium版Edge)に統一されることになる。

 Chromium版Edgeは、Google Chromeと同じオープンソースの「Chromium」がベースであることから、ほぼ同じ仕様となっている。当初は機能的な差も少なかったが、バージョンアップを重ねるごとに、「Webキャプチャ」など、Google Chromeにはない独自の機能が追加されている(Webキャプチャについては、Tech TIPS「Microsoft EdgeでWebページ全体をキャプチャーする」参照のこと)。

 2021年3月4日(米国時間)に配信されたChromium版Edgeのバージョン89では、新たに垂直タブ(Vertical Tabs)機能が有効化された(Google Chromeとともに「Sleeping Tabs」機能が有効化され、メモリやCPUの使用効率も向上している。詳細は、Microsoft Edge Blog「Microsoft Edge 89: Delivering improved browser performance to get the job done」参照のこと)。

 ここでは、垂直タブ機能の使い方を紹介しよう。

タブの左側に[垂直タブバーを有効にする]アイコンが表示されていない場合

 垂直タブ機能は、Chromium版Edgeのバージョン89からデフォルトで有効化されている。Chromium版Edgeを起動し、左端のタブのさらに左側に[垂直タブバーを有効にする]アイコンが表示されていない場合は、Chromium版Edgeをバージョン89以降に更新しよう(アドレスバーに「edge://settings/help」を入力すると自動的に最新版に更新される)。

Chromium版Edgeを最新版にする Chromium版Edgeを最新版にする
タブの左側に[垂直タブバーを有効にする]アイコンが表示されていない場合、Chromium版Edgeを最新版でない可能性がある。[設定]ページの[Microsoft Edgeについて]を選択して、最新版に更新しよう。なお、[設定]ページで左端のメニューが表示されない場合は、ウィンドウ左上の[三]アイコンをクリックすると表示される。

 バージョン89以降にもかかわらず、[垂直タブバーを有効にする]アイコンが表示されない場合は、設定が変更されていて無効化されている可能性があるので、後述する「垂直タブを無効化する」で示した無効化する方法で逆に有効化すればよい。

垂直タブを使う

 垂直タブを有効にするには、左端のタブのさらに左側にある[垂直タブバーを有効にする]アイコンをクリックすればよい。これまでの水平タブが消えて、ブラウザペインの左側にタブ(垂直タブ)が表示されるようになる(タブバーがウィンドウ上側水平向きから左側垂直向きに変わる)。

 垂直タブは、水平タブに比べてタブの幅が広いため、Webページのタイトルが見やすいというメリットがある。また、表示できるタブの数も水平タブに比べて多いので、普段から多くのタブを開いて作業している人には便利だろう。

垂直タブに切り替える(1) 垂直タブに切り替える(1)
タブの左側にある[垂直タブバーを有効にする]アイコンをクリックする。
垂直タブに切り替える(2) 垂直タブに切り替える(2)
タブが垂直に並ぶようになる。Webページのタイトルが不要な場合は、[<]アイコンをクリックする。

タブのWebページのタイトルを非表示にする

 垂直タブでWebページのタイトル表示が不要な場合、垂直タブバーの右上の[<]アイコンをクリックすることで、表示をタブアイコンのみにすることも可能だ。このとき、タブバーにマウスポインターをホバーする(重ねる)と、垂直タブ部分が広がり、Webページのタイトルが表示される。ブラウザペインを広げて使いたい場合は、この状態にしておくとよい。

 タブにマウスポインターをホバーした状態にして、垂直タブバーの右上の[ピン]アイコンをクリックすると、タイトル表示が有効な状態に戻すことができる。

Webページのタイトルを非表示にする(1) Webページのタイトルを非表示にする(1)
[<]アイコンをクリックすると、Webページのタイトルが非表示になり、タブアイコンのみの表示となる。タブにマウスポインターを重ねると、Webページのタイトルが表示される。
Webページのタイトルを非表示にする(2) Webページのタイトルを非表示にする(2)
タブが広がりWebページのタイトルが表示される。このまま幅広の垂直タブバーにしたい場合は、[ピン]アイコンをクリックする。

水平タブに戻す

 また、水平タブに戻すには、垂直タブバーの左上にある[垂直タブバーを無効にする]アイコンをクリックすればよい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。